マヂラブほか「大宮セブン」による楽屋ネタ満載の「お笑いバックスちゃんねる」がおもしろすぎ!「テレビでする話」ではない「その芸人固有の話法」

拡大画像を見る

「お笑いバックスちゃんねる」とは、カー用品店「スーパーオートバックス大宮バイパス店」が運営する劇場から配信される、異色のお笑いYouTubeちゃんねるである。

 主な出演芸人は、2020年にM-1グランプリチャンピオン マヂカルラブリーを輩出して以降、注目が集まっている「大宮セブン(※大宮ラクーンよしもと劇場を主戦場とした、吉本芸人のユニット)」のメンバー。

 M-1チャンピオン、マヂカルラブリーに加え、GAG・すゑひろがりず・ジェラードン・囲碁将棋・タモンズと、賞レースファイナリストクラスで構成される超豪華キャストだ。

 ちなみにこの大宮バイパス店は、お笑い好きが高じた店長が約100人を収容できる劇場を店内に作り、ライブの時には音響・照明・マイクなども全て店長が担当している。過去のお笑いライブでは、店長全面協力のもと、店内に置かれているカー用品を商品棚から勝手に取ってきてモノボケをするなど、他で見る事のできない企画も行われている。

 そんな「お笑いバックスちゃんねる」では、約30分尺のボリュームのある動画が、定期的に相当量投稿される。ちなみに動画の内容はトーク企画が中心で、これは店長の「ネタは芸人にとって商品なので、それを無料で配信する事は失礼」という考えからだ。

 そのトーク内容は、「男性ブランコの見分け方」「KEN~3年後輩にぼこられた話~」「単独イベントの値段設定~コント師編~」と総じて超ニッチでマニアック。同業者の私の目から見ても、芸人臭がかなり強い。通常の芸人YouTubeちゃんねるに比べて大衆への迎合を無視した、より濃度の高いお笑いファン向けのちゃんねるとなっている。

 そして、このちゃんねるで配信されているトークには共通点がある。これらは、「普通、一般の人が耳にする事ができない、芸人の楽屋話」なのだ。

普段一般の方が聞けない、芸人の楽屋話が聞けるちゃんねる

 芸人の楽屋には、おもしろい話がゴロゴロ転がっている。M-1などの緊張感のある舞台ならいざしらず、普段のライブ前ではネタ合わせをしている時間よりも、芸人同士で話して爆笑している時間の方がはるかに長い。

 しかしどんなにおもしろくても、そのほとんどが世に出る事なく楽屋で完結してしまう。なぜなら若手芸人にとって、「テレビでする話」と「楽屋話」は違うからだ。

 テレビでエピソードトークを披露する事になった場合、若手芸人は「テーマが企画意図にそっているか」「そのエピソードトークの後に現場で話が膨らむか」「オチまでの時間(TVが若手芸人に裂いてくれる時間は大体20秒前後)」など、いくつかの条件をクリアした話を選考する。テレビで話す以上、視聴者も共感できなければならないので、扱うテーマも「恋愛」「バイト」「学生時代の話」など、やや似通ってしまう。

 しかし楽屋話は、時間尺や大衆の共感性などは考えず、ただその芸人が最近あった出来事を話すだけである。

 なので芸人として一番根幹の部分「その芸人が普段どこをおもしろがっているか」がよりはっきり出る。その芸人の視点や、素のキャラクターなどを垣間見る事ができるのだ。

 また楽屋話では、各々の芸人が披露する話法にも個性がでる。20秒尺の短距離走が得意な人間もいれば20分尺の長距離走が得意な人間もいるわけで、時間尺を気にしなくて良い楽屋では「その芸人固有の話法」も十分に味わう事ができるのだ。

 この「お笑いバックスちゃんねる」は、そんな普段耳にする事のできない、楽屋話の延長線上ともいえる魅力のあるトークが満載だ。

 上述した通り、話し手も第一線で活躍している芸人ばかり。一見とっつきにくそうなジャンルの話を、聞きやすくおもしろく広げてくれている。お笑い好きにとっては間違いなく楽しめる内容になっている。

是非、ご視聴頂きたい。

【※敬称略】

  • 6/28 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます