「この人たち」呼ばわり!三浦友和が‟五輪権力者”をド直球批判して共感の嵐

拡大画像を見る

 日本ほど芸能人が政治についてコメントしない国はないと言われるほど、スポンサーを気にしてか、イメージを気にしてか、その手の問題ではお茶を濁すのが通例。芸能人の日和見ぶりはお茶の間も見慣れた感があるけれど、だからこそズバっと放った一言が響くのかも。

 俳優の三浦友和が自身が出演した中国映画「唐人街探偵 東京MISSION」の都内で開かれた公開直前イベントで、五輪開催について本音コメントを発して、ネット上を賑わせている。

「映画が探偵ものということで、記者から『探偵に解決してほしいことは?』との質問が出たんです。探偵役で出演した妻夫木聡さんはコロナ問題を挙げました。続く三浦さんは、ストレートに東京五輪の開催に疑問を投げかけ『理由を話してくれない。理由も教えてくれないのはなぜなんだ。これを何とかしてほしい』と真剣な表情で話しました。つまり、なぜこの状況下で強行開催に突き進むのか、納得できる理由を説明してほしいというわけです。しかも『ずっとオカシイと思っているのは、何でずっとオリンピックやろうと思っているのかな、この人たち』と、まるで菅内閣や組織委員会、IOCら権力者を蔑むように“この人たち”呼ばわり。有名芸能人が公の場でここまでハッキリものを言ったのはなかったので、この様子をニュースで見たお茶の間の人から称賛の声が上がったんです」(エンタメ誌ライター)

 SNSでも「友和さんに同意!」「スポンサーの顔色ばかりうかがう芸能人ばかりなのに忖度しない態度が素晴らしい」「シンプルに国民の気持ちを代弁してくれてます」と溜飲を下げる人が続出。さらには「友和さんが怒っているということは百恵さんもそう思っているということですよね」との推測するコメントまで。

 今回のコメント、「この人たち」呼ばわりされた政府関係者や五輪関係者、そして東京五輪で一儲けしようとしている芸能人にはめっちゃ耳が痛い?

(小机かをる)

関連リンク

  • 6/29 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます