病気、事故、家族の入院…ITフリーランスを支援する「PE共済会」の保障内容とは?

拡大画像を見る

AKB48の向井地美音がパーソナリティをつとめ、公認会計士の澤昭人から身近にある経済の仕組みをわかりやすく学んでいくTOKYO FMの番組「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」。6月3日(木)、10日(木)放送のコーナー「美音のまるっとエコノミー supported by PE-BANK」のゲストは、「PE共済会」事務局長・山田圭一さん。フリーランスに必要な、生命・がん・医療保障など幅広い保障を提供する「PE共済会」について伺いました。


向井地美音、山田圭一さん



◆ITフリーランスを支援するPE共済会とは?

向井地:PE共済会とは、どのような団体なのでしょうか?

山田:共済会とは、一般の社会保険などとは違い、特定の企業や組織に所属している方を対象にした保障事業をおこなっている組織のことを言います。

PE共済会は、株式会社PE-BANKに所属する、ITフリーランスのみなさまを支援するための福利厚生などを目的として、1992年9月に設立された非営利組織です。

向井地:この番組にも多くのフリーランスのエンジニアさんが出演してくださっています。そのような方々のための団体ということですね。普段、PE-BANKさんが提供しているサービスや福利厚生との違いは?

山田:特にフリーランスに必要な所得保障が異なります。病気や事故などでお仕事ができなくなるケースがあった場合、いままで収入があったものがなくなってしまったときのための所得保障などを中心にメニューを整えているのが特徴です。

向井地:いろいろとコースがあるのですか?

山田:万が一の場合、所得保障で保障される金額20万円、30万円、50万円を、それぞれお選びいただけます。掛け金もその保障額に応じて変わってきます。

向井地:なるほど。補償内容に応じて金額を自分で選べるスタイルなんですね。PE-BANKさんに所属されているエンジニアの方々をよく見ていらっしゃる立場だと思いますが、環境は恵まれていると思いますか?

山田:そうですね。このように、PE共済会が側面からサポートしているのは、PE-BANKの特徴でもあるので。

向井地:こういったサポートがない会社もあるんですね。

山田:そうですね。PE-BANKのプロエンジニアの方々に向けたサポートなので、対象者ではないとご加入いただけないのです。どこにでもあるような共済会ではないので、そこは非常に特徴的だと思います。

向井地:保障があるという安心感はありますね。具体的には、どのようなサービスや福利厚生がありますか?

山田:所得保障のほか、実際にはパッケージになっているので、一般的な生命共済と言われているものから、がん共済なども組み込まれています。あと、入院した場合の日額の給付金についても、ご本人だけではなく、ご家族も含めて保障しています。

ご家族やお子さんが入院された場合にも、日額いくらという形で保障されます。PE共済会では、ご本人だけではなくご家族も一緒にサポートすることを掲げているので、そこは特徴的なところかなと思います。

向井地:家族を支えるエンジニアの方にとっては、すごくうれしい保障ですね。

山田:お父さんの働き方がフリーランスだと、奥さまやまわりの方が心配することもあると思いますが、PE共済会では、そのようなところも手厚くサポートしていることをお伝えしたいですね。

◆感謝の声に“この仕事をやっていてよかった”

向井地:資産運用についてのメールマガジン(以下、メルマガ)も配信されているそうですね。

山田:PE共済会のことを多くの方に知っていただきたいので、定期的にメルマガを配信しています。そのなかで、PE共済会のメニューを紹介するだけではなく、フリーランスの方々に必要な資産運用、具体的には保険のことや税金のこと、フリーランスが抱える悩みなどをテーマに配信しています。

向井地:なるほど。

山田:メルマガはWEBで公開しているのでどなたでもご覧いただけます。興味のある方は検索していただければと思います。

向井地:いまは、どのぐらいの頻度で配信されているのですか?

山田:現在は2ヵ月に1度です。シリーズ化しているものもありますので、お読みいただけると参考になるのではと思います。

向井地:すごく役立ちそうですね!

山田:そうですね。ぜひ多くの方に読んでいただきたいですね。

向井地:将来の資産運用などの話題は、この番組の本編でも取り上げています。やはり大事だと思いますか?

山田:資産運用というと、貯金や株、金融商品的なイメージが強いかもしれませんが、当然、保険や自己投資も(資産運用の1つに入ります)。PE-BANK所属のプロエンジニアの方々は非常に志が高く、自身のスキルアップや自己投資のためにさまざまな勉強をしたり、健康に対しても意識されている方々が多いですね。そのようなことも含めた自己投資といいますか、将来的な資産運用的なお話をしたり、耳にすることは非常に多いですね。

向井地:PE共済会には、現在どれぐらいの方が加入されているのですか?

山田:現在は650名ほどご加入いただいております。少しずつですが、年々加入者が増えている状況です。

向井地:実際に保障を受けられた方からの声はありますか?

山田:事故や病気で所得保障を受けられた方、入院されて日額の給付金を受け取られた方、不幸なことにがんになられて一時給付金を受けられた方……などが実際にいらっしゃいます。その後、落ち着いたときに「非常にありがたかった」といったお声をいただくと、“この仕事をやっていてよかった”という気持ちになります。

向井地:最後に今後の夢や目標を教えてください。

山田:社員みんなが一生懸命頑張ったり努力したり、そうしたことがしっかりと結果として出していけるような組織・会社にしていきたいです。それが私の務めであり、役割だと思っています。そのようなことを常日頃から意識して、仕事をしていける人になりたいですね。

<番組概要>
番組名:ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~
放送日時:毎週木曜 21:30~21:55
パーソナリティ:澤昭人、向井地美音(AKB48)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/46993

関連リンク

  • 6/28 20:50
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます