名古屋FW山﨑凌吾がハットトリックの大暴れ…ラチャブリを下しACL3連勝

拡大画像を見る

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節が28日に行われ、ラチャブリFCと名古屋グランパスが対戦した。

 セントラル方式で開催されているグループステージ。タイで試合が開催されており、スコールが降ったり止んだりの安定しない気候の中名古屋とラチャブリが激突した。

 試合はここまでグループ2連勝を飾っている名古屋が主導権を握る。ボールを保持し相手のゴールに迫る名古屋が、セットプレーから先制に成功した。26分、右サイドのCKをショートで工夫し、ピンポイントのクロスに山﨑凌吾が合わせる。ヘディングシュートを叩き込み幸先よくリードを手にした。

 続く31分、名古屋がリードを広げた。左サイドからのクロスに合わせたのはまたしても山崎。2人に挟まれながらも高い打点からねじ込んだ。

 さらに後半アディショナルタイム1分、中央をこじ開けるパスに前田直輝が反応。ファーストタッチが流れてしまい相手守護神に阻まれるも、こぼれ球を山崎が押し込んでハットトリック達成。前半だけで3得点を記録した。

 後半に入り試合を落ち着ける名古屋。変わらずボールをキープしトーンダウンさせる。69分、名古屋が一瞬でチャンスを作り得点につなげた。ロングボールに反応した齋藤学が絶妙なトラップで持ち込むと左足一閃。さらに1点を積み上げた。

 70分には前田にチャンス。右サイドに流れて抜け出した前田がペナルティアエリア内で細かいフェイントからカットインしてシュートに持ち込む。相手DFの反応も間に合わないシュートは惜しくもバーを叩いた。

 その後も名古屋が貫録のある試合運びでチャンスを創出。また守備ではシャットアウトし終了。ラチャブリを下した名古屋は、これで開幕3連勝を達成して首位に立った。

【スコア】
ラチャブリFC 0-4 名古屋グランパス

【得点者】
0-1 26分 山﨑凌吾(名古屋グランパス)
0-2 31分 山﨑凌吾(名古屋グランパス)
0-3 45+1分 山﨑凌吾(名古屋グランパス)
0-4 69分 齋藤学(名古屋グランパス)
  • 6/28 20:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます