小栗旬、ハリウッドオファーは「現実の話なのかな…」スケールの違いに圧倒される

拡大画像を見る

俳優の小栗旬が鮮烈なハリウッドデビューを飾る映画『ゴジラvsコング』のジャパンプレミアイベントが28日、都内にて開催。小栗、芦田愛菜、田中裕二、尾上松也が出席し、MCを笠井信輔アナウンサーが務めた。


同作は、ハリウッド版『ゴジラ』と『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの最新作。ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮役で小栗が出演するほか、芦田、田中、尾上が日本語吹き替えキャストを担当する。

公開を控え、小栗は「本当にうれしいです。撮影したのが2年前なので、ずいぶん長い時間が経ってここまでたどり着いたなと思っています。とうとう、ゴジラの国、日本で公開できるというのは非常にうれしい」と歓喜。オファー時の思いを聞かれると「現実の話なのかなっていう感じはありましたね。でもいざ撮影現場に行ったらすごいスケールの世界で、ひたすらワクワクしながら、だけど圧倒されながら過ごしていました」と振り返った。

小栗と親交のある尾上は、小栗のハリウッド進出について「めちゃくちゃ興奮した」という。「『これからアメリカに行く』という話も聞いていましたので、公開するの楽しみだなと思ってました。まさかこういう形で一緒にここに立ってるとはその時は思わなかったよね」と笑った。


また前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に引き続き参加となる芦田は「前作に参加させていただいた時に、私の祖父に『昔から好きだった作品に参加してくれていてうれしい』って言ってもらえて、改めてゴジラの人気を感じます。皆さんに長い間愛されている作品に参加させていただけるのは光栄です」とコメント。声の演技については「すごく難しかったですね。その場で私自身がお芝居しているわけじゃないので、(芦田が吹き替える女優の)ミリー・ボビー・ブラウンさんのお芝居の雰囲気だったり声だったりを見て、違和感のないような声の演技をしなければいけないというところが難しい」と語った。

日本語吹き替え版で、自分自身が演じた英語のセリフを日本語に吹き替える小栗は「すごく難しかったです。僕も別で声のお仕事をさせていただいたりするんですけど、自分に自分の声をあてないといけないとなるとどういう風に声をやればいいのかよくわからなくて。結局普通に喋ってる」と回顧した。


すると笠井アナが、小栗を「小倉さん」と呼び間違えてしまい、田中が「“小倉さん”は何十年も言い過ぎたでしょ」とすかさずツッコミ。小栗は「たしかに(笑)。オグ、までくるとラになっちゃうんでしょうね笠井さん」と笑った。


作品の展開にちなみ、キャスト陣に「倒したい相手」を聞いた場面では、芦田が「期末試験をやっつけたいです」と発言。「やらなきゃいけないことはわかってるんですけど、なければもっと学生生活楽しめるんじゃないかな」とはにかみ、尾上は「夏になってきますんで、G(ゴキブリ)ですね」、小栗は「僕は刺す虫ですね。刺す虫嫌ですね」と答えていた。


映画『ゴジラvsコング』は、7月2日より全国公開。

関連リンク

  • 6/28 20:10
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます