生田斗真主演『土竜の唄 FINAL』公開決定 ビジュアル&超特報解禁

 生田斗真主演、三池崇史監督、脚本・宮藤官九郎がタッグを組んだ、シリーズ第3弾にして完結編『土竜の唄 FINAL』が11月19日より公開されることが決定。超特報とビジュアルが解禁された。

 本作は、シリーズ累計発行部数947万部突破した高橋のぼるによる人気コミックス『土竜の唄』を実写化。ある日突然クビになった交番勤務のダメ巡査・菊川玲二(生田)が、潜入捜査官:通称<モグラ>に任命され、最凶のヤクザ組織のドンを逮捕するため組織に潜入。次から次へと絶体絶命&爆笑必至のピンチに追い込まれながらも、持ち前の気合と根性、そして熱い魂で乗り超えていく姿を描く。2014年にシリーズ1作目となる『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が、2016年には原作でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を描いた2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開された。

 今作のミッションは、過去最大となる取引額、6000億円に及ぶ麻薬密輸の阻止。超豪華客船を舞台に、玲二の前にシリーズ最強で最凶の敵が立ちはだかる。

 超特報は、金の後光が差す虎柄スーツ姿の玲二のバックショットに「ヤツが、帰ってきた!」というナレーションが重なるところからスタート。続いて、シリーズの名シーン「玲二の全裸ボンネット」を皮切りに、『土竜の唄』オールスターがフラッシュバックのごとく続々登場。最後は玲二が「ファイナルバッチ来い-!」と叫ぶ姿や、裸で「言っとくけど、最後だからね。マジで、最後だからね」とコミカルに訴える場面で終了。超ド派手・超お祭り騒ぎのファイナルストーリーを予感させるゴージャスな仕上がりとなっている。

 本作は今月6月中旬に撮影を終えたばかり。玲二役を約5年ぶりに熱演した生田は「土竜の唄ファイナル! シリーズ最高傑作! まだ出来上がってないけど! 激アツ! 気持ちだけは! さぁこれでも食らいな! 11月公開! 震えて待て! ファイナル、バッチ来ーーーーーーーい!!!!!!!」とハイテンションにコメント。

 三池監督は、本シリーズについて「生田斗真が化け物であることを証明している。まず、喜怒哀楽とスケベの演技の振り幅とリアリティーは人間の域を超えている。そして、何といっても『年を取らない』。一本目の玲二が冷凍保存されている」と評し、「キャリア唯一の『警察官とその組織を描いた社会派映画』です。誤解している人多いけど、ヤクザ映画じゃないから。『法と正義を問う映画』だから」と語っている。

 原作者の高橋は、本作について「観れば笑えて興奮して元気になれる! 生田斗真さんは見事に菊川玲二になりきっていてとっても魅力的で生き生きしていて、生田斗真さん以外には演じられないと思います。そして三池組のカラーが土竜の唄のカラーに合うんですよね。三池組が楽しんで作り上げているのを感じます! スバラシイ!」と絶賛コメントを寄せている。

 映画『土竜の唄 FINAL』は11月19日より全国公開。

 主演、監督、原作者のコメント全文は以下の通り。

<生田斗真コメント>
全国の良い子のみんな! 待たせたな!土竜の唄が帰って来たぜ!
スケベでバカで、カッコ悪くて、カッコいい! そんな菊川玲二に映画館で再び会える!

え? 別にお前の裸なんて見たくないんだよ。
焦るな少年。
時を待て。期待は裏切らないぜ。

土竜の唄ファイナル!
シリーズ最高傑作! まだ出来上がってないけど! 激アツ! 気持ちだけは!
さぁこれでも食らいな!

11月公開!震えて待て!

ファイナル、バッチ来ーーーーーーーい!!!!!!!

<三池崇史コメント>
レイジ炸裂! 遂に完結! さらばマイメン、レペゼン警視庁!!
へッ、このご時世にクライマックスは豪華巨大クルーズ船だぞ(もっとデカイ奴も出ちゃうけどね)。
あなたの想像の遥か斜め上を行く『大スペクタクル』。
そして、『感動の涙』と『愛と正義の大爆笑』をお楽しみに!

▼『土竜の唄』シリーズの魅力
え〜、生田斗真が化け物であることを証明している。
まず、喜怒哀楽とスケベの演技の振り幅とリアリティーは人間の域を超えている。
そして、何といっても「年を取らない」。
一本目の玲二が冷凍保存されている。

▼三池監督にとって『土竜の唄』とは
キャリア唯一の『警察官とその組織を描いた社会派映画』です。
誤解している人多いけど、ヤクザ映画じゃないから。「法と正義を問う映画」だから。

▼生田斗真(レイジ)の注目点
今回もお肌が綺麗(生田斗真)。
スケベ全開でも愛と正義を貫く(生田斗真&レイジ)。

▼『土竜の唄FINAL』の注目点
超豪華新ゲスト。
そして、あいつも、あいつも出てきて大暴れするオールスター感が楽しい。
そして何といっても、半端ない完全決着(だから、多分ホントにFINAL)!

<高橋のぼるコメント>
映画『土竜の唄』シリーズ待望の第3弾!
観れば笑えて興奮して元気になれる!!
生田斗真さんは見事に菊川玲二になりきっていて
とっても魅力的で生き生きしていて、生田斗真さん以外には演じられないと思います。
そして三池組のカラーが土竜の唄のカラーに合うんですよね。
三池組が楽しんで作り上げているのを感じます! スバラシイ!!

劇場版は完結か? まさかの『土竜の唄 Again』はたまた『土竜の歌 Return』…
潜入し兄弟の契りを交わしたクレイジーパピヨンこと日浦匡也とのその後は一体どうなるのか!?
ドキドキしますね!

ファンの皆様には、たくさん笑って元気になってもらって
魅力的に人生をエンジョイしてもらいたいです!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/28 16:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます