いい母親になりそう!家デートで彼氏の直感が働くポイント9パターン

部屋に招き入れられた瞬間から、彼氏は心のレーダーをフル稼働して「普段の暮らしぶり」を想像しているもの。結婚を考える相手であれば、この機に「家庭的な子だな」「いい母親になりそう」などと思わせておいて損はないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性406名に聞いたアンケートを参考に「いい母親になりそう!家デートで彼氏の直感が働くポイント」をご紹介します。

【1】突然押しかけても、いつもきちんと整頓されている
「収納のルールができてるみたいだから、おもちゃとかも手早く片付けられそう」(20代男性)というように、整理整頓が習慣化していることがうかがえる部屋は、彼氏に安心感を与えるようです。とはいえ、多少雑多な部分があったほうが、この日のためにわざわざ片付けた感じがしなくて、むしろ自然かもしれません。

【2】家の近所で子どもと触れ合ったとき、自然に楽しげな会話ができる
「顔見知りの子に『学校はお昼まで?』とか話しかけていて、感じがよかった!」(20代男性)というように、子どもに対してどう振る舞うかも鋭くチェックされているようです。ご近所付き合いがないなら、親戚や友人の子を話題に挙げてみてもいいでしょう。

【3】冷蔵庫の中身から、普段から自炊している様子がうかがえる
「特売品を活用してマメに料理しているのがわかると、この女性はデキる!と思う」(20代男性)というように、日々の食事を手作りしているかどうかも重要なポイントでしょう。堅実な金銭感覚がうかがえる食材が揃っていると、妻としても期待されそうです。

【4】飲み物をこぼしたりしても、布巾や雑巾がサッと出てくる
「慌てず騒がず拭き取る姿を見て、妙に感心してしまった!」(10代男性)というように、予想外のトラブルがあっても、冷静に対応したほうがいいようです。起こりうる事態を想定しておけば、「ちょっと!」などと文句が口をつくのを抑えられるでしょう。

【5】野菜が多めで、栄養バランスのとれた料理をさっと作ることができる
「体を気遣ったおかずが並ぶと、家族想いのお母さん像が目に浮かぶ」(20代男性)というように、手料理をふるまうときは、献立に配慮したいものです。「お腹いっぱいになった?」などと尋ねると、いっそう母性を感じさせることができそうです。

【6】テレビに向かって暴言を吐くと「言いすぎだよ」とたしなめてくれる
「子どもがいたら言葉遣いに気をつける必要もあるから、注意されたら頼もしく感じる」(20代男性)というように、品行方正な言動からも、母親の素質を直感してもらえそうです。とはいえ、つまらない人間だと思われないよう、優等生ぶるのは控えましょう。

【7】うたた寝をすると、いつのまにか毛布などを掛けてくれる
「目が覚めたら肩に膝掛けが…。『よく寝てたね』と笑う彼女は本当に母親のようでした」(20代男性)というように、「母のぬくもり」を感じさせる機会を逃す手はないでしょう。「こんな奥さんいいな」と思ってもらえれば、将来への弾みもつきそうです。

【8】子どもの頃に親しんだ絵本が棚にきちんと並んでいる
「親によく読んでもらったらしくて、自分の子にも同じように愛情を注ぎそうだと思った」(10代男性)というように、思い出の品を飾っておくのもよさそうです。ただし、大量のぬいぐるみなど、幼く見られるだけの物もあるので、取捨選択が必要でしょう。

【9】母親からの電話に笑顔で応じるなど、良好な親子関係が垣間見える
「家族仲がいい女性は、愛情の示し方とかも感覚的にわかっていそうな気がする」(20代男性)というように、親や兄弟との交流をアピールするのもいいでしょう。一人の大人として親を思いやる様子を見てもらえれば、「依存している」とは思われなさそうです。

家事などの生活に役立つ能力だけでなく、愛情を感じさせる言動も注目されるようです。過剰に母性を演出して、おばさん臭くならないよう気をつけましょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2015年1月8日から15日まで 対象:合計406名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/28 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます