加藤紗里、コレコレとの裁判の結果報告も腕のタトゥーに総ツッコミ!

拡大画像を見る

 タレント・加藤紗里が6月23日、約2ヶ月ぶりに自身のYouTubeチャンネルを更新。「コレコレとの裁判についてお話しします」というタイトルで投稿された動画は、公開からわずか数日で3万回以上再生され、注目を集めている。

 いつも通り、「カメラ回さんといて」と、やる気なさそうにベッドに横たわる加藤。しかし普段と様子が違ったのは、その腕に、蛇が絡みついたデザインのタトゥーが施されていたことだ。

 これを見たテレビ関係者は顔をしかめる。

「これには視聴者からも、『タトゥー引くわぁ…』『この蛇のセンス…どうしたの?』『炎上系やめるんじゃなかったの?』と、ドン引きするコメントが殺到しています。炎上ネタを投下した後にネットニュースとなり注目され、何かしらの仕事と結びつくのは加藤のお決まりのコースですが、もしこの蛇のタトゥーが本物だとしたら話は別。日本ではタトゥーはいまだにタブー視される傾向にあるため、テレビで起用しづらい。今後はCMやイベントのオファーは激減するのではないでしょうか。タイトルにあった物申す系YouTuber・コレコレとの裁判も、あれだけ騒いでいながら結局は和解したそうで、視聴者も呆れた様子でした」

 これに対し加藤は24日、インスタグラム上で「紗理は自分の人生だし後悔しないように生きたいだけ」「子供産んだら24時間母親でいろみたいな押し付けやめてほしい」と、腕のタトゥーを見せつけた写真とともに反論。ネットユーザーからは500件を超える批判コメントが書き込まれている。

 果たして、加藤の炎上商法はいつまで続くのだろうか。

(佐藤ちひろ)

関連リンク

  • 6/28 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます