Bethrahの姪ヴェールアンレーヴが丸山元気騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 関東圏では夏の福島が開幕する。地震の被害により、春の開催は中止(新潟で代替開催)。無観客にはなるが、昨秋以来の開催になる。

 毎週の土日にメイクデビューが2鞍ずつ組まれており、これから2歳戦の番組が増えていくのは楽しみだ。

 一方の北海道シリーズは函館が開幕。こちらも1800mのメイクデビューには注目したい。

【7月4日(日) 福島芝1800m】

◆ジェットグリッター(牝、父イスラボニータ、母ジェットスパークル、美浦・栗田徹厩舎)

 叔父にラジオNIKKEI賞を勝ち、富士S2着、阪神C3着など活躍したファイナルフォームがいる。4月にゲート試験をパスしており、その後は山元トレーニングセンターで乗り込んだ。再入厩後はウッドチップコースで5F66秒台の時計を出すなど順調に態勢を整えてきている。

「イスラボニータの子は柔らかいし、真面目な性格で見た目の形もいい。フットワークもいいし、420〜430キロの牝馬で軽い芝が良さそう」と栗田徹調教師。

 鞍上は菅原明良騎手を予定している。

 その他ではウインピクシス(牝、父ゴールドシップ、母コスモアクセス、美浦・上原博之厩舎)、ナザレ(牝、父エピファネイア、母エリザベスムーン、美浦・武井亮厩舎)、プレンドクエスト(牝、父キングカメハメハ、母セコンドピアット、美浦・池上昌和厩舎)、マイネルグローリエ(牡、父ハーツクライ、母コスモピーコック、美浦・尾関知人厩舎)なども陣営の感触がいい。

【7月3日(土) 福島芝1200m】

◆ヴェールアンレーヴ(牝、父リオンディーズ、母レーヴルシード、美浦・宮田敬介厩舎)

 伯母に愛1000ギニーの勝ち馬Bethrahがおり、一族からはレーヴディソール(阪神JF、チューリップ賞)やレーヴミストラル(青葉賞、日経新春杯)が出ている。先週の追い切りは坂路で4F52.8-38.0-24.5-12.1の好時計をマークした。きれいな加速ラップを刻み、ひと追い毎に全体の時計も詰めている。

「気がいいし、十分に動けている。いいスピードがありそうだし、走りも軽い」と宮田敬介調教師。

 鞍上は丸山元気騎手を予定している。

【7月4日(日) 福島芝1200m】

◆ニシノレバンテ(牡、父イスラボニータ、母ワイキキブリーズ、美浦・栗田徹厩舎)

 ジェットスパークルと同じく、こちらも栗田徹厩舎のイスラボニータ産駒。先週の追い切りはウッドチップコースで5F65秒台の好時計を出し、3頭併せで最先着するなど好気配だ。

「いいスピードがありそう。勢いだけで走るようなところがあるけど、メリハリが利くようになれば楽しみ」と栗田徹調教師。

 鞍上は江田照男騎手で予定している。

【7月4日(日) 函館芝1800m】

◆リチュアル(牡、父キングカメハメハ、母メイデイローズ、美浦・藤沢和雄厩舎)

 2019年のセレクトセールに上場され、取引価格は8208万円。母は米G3を2勝しており、近親にフライングアップル(スプリングS)、ナイスミーチュー(シリウスS、マーキュリーC)がいる。東京で下ろす予定もあったが、じっくりと時間をかけて乗り込んだ。

「体幹がしっかりしているし、乗り味はいい。調教の本数を重ねながら馬体重も増えてきた。長く脚を使えそうなタイプだと思います」と津曲調教助手。

 鞍上は横山武史騎手を予定している。

◆ブラックボイス(牡、父ブラックタイド、母ソングライティング、美浦・宮田敬介厩舎)

 祖母のEmbur's Songはカナダの古牝馬チャンピオン。近親にプリークネスSなど米G1・3勝のExaggeratorがいる。

「手脚が長いし、中距離向きの体形。持続力がありそうなタイプで洋芝は合いそう」と宮田敬介調教師。

 鞍上はC.ルメール騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

関連リンク

  • 6/28 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます