西銘駿 6月末でオスカー退所「自分のやりたい事や方向性考え」

拡大画像を見る

 男劇団 青山表参道Xのメンバーで俳優の西銘駿(23)が6月末をもってオスカープロモーションを退所することが28日、分かった。事務所の公式サイトで発表されたもので、同劇団も退団する。

 6年間所属した事務所退所の理由を「コロナの影響もあり、自分自身を見つめ直す時間も増え、『これから』の自分のやりたい事や方向性などを考えていく中で、何度も事務所とご相談させて頂き、僕の希望に対し、温かく送り出してくださることになりました」と説明した。

 2015年にテレビ朝日系「仮面ライダーゴースト」の主演を務め、俳優としての知名度を上げた西銘は「ファンの皆様に沢山の景色を見せて頂いたり、普段では味わえないような素敵な体験をさせて頂きました。返しても返し切れないほどに包まれた愛を皆様から沢山頂き、次は僕が返す番だと思っております」と感謝を述べた。

 今後は俳優業を含めさまざまな分野に挑戦していくとして「まだまだ未熟な僕ですが、今後とも皆様に良いご報告が出来るように頑張りたいと思います」と飛躍を誓った。

関連リンク

  • 6/28 17:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます