大ブレイク・赤楚衛二「ヤンキー予想」を裏切る「志尊・千葉路線」売れる法則

拡大画像を見る

 ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ/テレビ東京系)でブレイクを果たし、7月6日には『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の出演も控えている俳優・赤楚衛二(27)。6月28日発売の週刊誌『AERA』(朝日新聞出版)では、同誌の初表紙を飾り、今後ますます売れていくことは確実だと思われる。

「赤楚といえば、2017年の特撮ドラマ『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)で2号ライダーの仮面ライダークローズこと万丈龍我(ばんじょう・りゅうが)を演じたことで、一躍知名度が上がりました。当時を知るファンからすると、予想外な方向で売れた、と驚く人も多いですね」(特撮ライター=以下同)

『ビルド』で赤楚が演じた万丈は、殺人の冤罪で逮捕されたあげく、謎の組織に人体実験されて脱走したところ、主人公(犬飼貴丈)と出会う、というかなりハードなキャラ。善人ではあるが口調が荒っぽく、バカ呼ばわりされた際に「バカとはなんだ。筋肉をつけろ筋肉を」とピントのズレた反論をする、バカキャラとして親しまれていた。

「『ビルド』の前にWEBで配信された大人向け作品『仮面ライダーアマゾンズ』(Amazonプライム)でも、赤楚は根は善人ながらやはりヤンキー役でした。よく似合っていたため“ヤンキーもの”でブレイクすると思われていましたが、実際は『チェリまほ』を筆頭に“かわいい系”でブレイクしました」

『チェリまほ』では、町田啓太(30)演じる黒沢に翻弄されるピュアな会社員・安達を好演。まるで子犬のような可愛さに当時SNSは大いに盛り上がり、今年4月19日にルームウェアブランド「ジェラート ピケ」のモデルに抜擢された際は「かわいいの権化」とまで呼ばれている。

■同じ「かわいい系で特撮出身俳優」の千葉

「そんな赤楚ですが、“かわいいと思う男性”として、千葉雄大(32)が“チャーミングだなと思います”と、『CLASSY.8月号』(光文社)で挙げています。思えば、千葉も赤楚と同じく特撮出身の俳優ですね」

 千葉は2010年放送の『天装戦隊ゴセイジャー』の「アラタ/ゴセイレッド」が、俳優デビュー作だった。「戦隊ヒーローのレッド」というと、熱血漢もしくは冷静なリーダーシップを取るキャラが多いが、千葉演じるアラタは歴代でも珍しい「癒し系」だった。

「“星を護る天使”という設定でしたが、まさに天使と呼ぶにふさわしい雰囲気。赤楚との共通点として“声がいい”というのもありますね。千葉は18年と今年、映画『ピーターラビット』シリーズで主人公のうさぎ・ピーターラビットの吹き替えをしていて、演技力が高く評価されています」

 赤楚はまだ吹き替えはしていないが、仮面ライダー時代は「いまの俺は負ける気がしねぇ!」「力がみなぎる……! 魂が燃える……! 俺のマグマがほとばしる!」という決め台詞を筆頭に、毎回迫力のあるアフレコが大好評だったほか、昨年8月16日にはラジオドラマ『ラジオシアター~文学の扉』(TBSラジオ)に出演している。いずれ、声優業でも声がかかるかもしれない。

「また、同じく“かわいい系”では、志尊淳(26)が、14年放送の『烈車戦隊トッキュウジャー』の主人公“ライト/トッキュウ1号”を演じていましたが、これについては、赤楚自身が昨年6月から7月にかけて放送していた吉川晃司(55)主演のドラマ『探偵・由利麟太郎』(フジテレビ系)で言及していました」

 志尊と赤楚に限らず、特撮経験者が多かったことから『由利麟太郎』について、放送当時『Lmaga.jp』のインタビューに、

「本当に日曜朝のスーパーヒーロータイムみたいですね」と答えていたほか、「僕、誰かのお兄ちゃんに似ているとか元カレに似ているとかすごく言われるんです。実際に顔がそっくりとかではなく、醸し出す雰囲気なのかな」

 と「親近感」が自身の強みであると分析していた。

■あのパティシエアイドルとも

「千葉も志尊も非の打ち所がないイケメンではありますが、柔和な笑顔とか、たまに見せるポンコツ感、インスタライブで見せる姿を見ていると、親近感を感じますよね。『チェリまほ』というBLドラマで大ブレイクというのは、特撮出身俳優では異例の出来事でしたが、根幹の魅力は、志尊や千葉に通じるものがある、とよく分かります」

 ちなみに、赤楚は10代の頃から愛知県名古屋市で“赤楚衛(あかそまもる)”名義でモデルやタレントとして活動し、10年から12年頃まで男性アイドルグループ・BOYS AND MENのメンバーにも名を連ねていたが、ここでも不思議な縁がある。

「同じボイメンの“ゆーちゃむ”こと小林豊(32)も、2013年の『仮面ライダー鎧武』で“2号ライダーの駆紋戒斗(くもん・かいと)/仮面ライダーバロン”を演じていたんです。小林はパティシエ経験者であり“オトメン”として人気を博していますが、バロンは正反対の目つきの鋭いクールなキャラ。“演じたキャラと本来の方向性が真逆”という点で、共通点がありますね」

 ちなみに小林とは現在も親交があるらしく、19年8月1日に赤楚が『わたし旦那をシェアしてた』(日本テレビ系)のプレゼント企画をツイッターでPRしたときにカードマジックをする様子を投稿した際、

《うわああああああ最後の飛ばすやつ、、昔を思い出したわ(顔文字)撮影頑張ってね!》

《豊くん!懐かしいですよね(顔文字)ありがとうございます〜!!》

 と、やり取りしていた。

 多くの要素を持つ赤楚衛二。千葉や志尊につづく、「かわいい系」での活躍が楽しみだーー。

関連リンク

  • 6/28 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます