ラムジーは来季ユーヴェ残留へ…獲得を希望したアッレグリの復帰が追い風か

拡大画像を見る

 ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーは、来シーズンも変わらずユヴェントスでプレーすることを望んでいるようだ。22日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 2019年7月にアーセナルからユヴェントスへ加入したラムジーだが、そのイタリアでの2シーズンではケガの影響もあり、いずれもリーグ戦20試合ほどの出場のとどまっている。そしてマウリツィオ・サッリとアンドレア・ピルロの両監督は、ラムジー起用に関する最適解を見つけられず、同選手はさまざまなポジションでプレーすることを余儀なくされていた。

 しかし、来シーズンはそのラムジーの獲得を希望していたとされるマッシミリアーノ・アッレグリ監督がユヴェントスの指揮官に就任。同メディアは、この知将の“復帰”こそがラムジーに良い影響を与えると見ており、同選手自身もユヴェントスでのプレシーズンへ意気込んでいると報じた。

 ウェールズ代表の「10番」としてEURO2020に挑んだラムジーは、今後ユヴェントスの中心選手として活躍できるのかもしれない。

関連リンク

  • 6/28 17:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます