「自分のサイズが、子犬だった頃と変わってないと思ってる」 成長した犬が、小さい頃を忘れられず?

拡大画像を見る

ペキニーズのムーチョくんは、子犬の頃にしていた習慣を、大きくなった今でも忘れられないようです。

ムーチョくんは、飼い主(@RikuKaneta)さんがアルバムジャケットを収納していた、ケースの中に入るのが好きでした。

当時の様子が、こちらです。

自分より大きなアルバムの横に立ち、中でこぢんまりとしている姿がかわいいですね!

時は経ち、成長した現在の姿がこちらです。

ケースの中には入れませんが、アルバムとケースの間に無理やり体を突っ込んでいます!

飼い主さんはムーチョくんの気持ちを、「まだ自分を子犬だと思っているんでしょうね」と推察しました。

かわいらしい様子を見せたムーチョくんは、多くの人を笑顔にしています。

・自分のサイズが、子犬だった頃と変わっていないと思っているムーチョくん、無邪気で愛らしく感じます!

・はみ出た体が、愛くるしい!小さい頃からの習慣は抜けないんでしょうね。

・半分も入り切れていない姿が、かわいいです!

ムーチョくんが自分の体の大きさを自覚するのは、いつになるのでしょうか…!

[文・構成/grape編集部]

出典 @RikuKaneta

関連リンク

  • 6/28 16:36
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます