女性客に偽のレシートを渡したバーテンダーに称賛の声 「ヒーローだ」

拡大画像を見る

アメリカのフロリダ州に住むトリニティ・アリーさんは、女友達と一緒にバーで楽しい時間を過ごしていました。

すると見知らぬ男性が、彼女たちに声をかけてきたのです。

トリニティさんたちはその誘いを断ったのですが、それでも男性はしつこく口説いてきて、だんだんと強引な態度になってきたのだそう。

その時、店のバーテンダーが彼女にレシートを手渡してきました。

しつこいナンパに迷惑している女性客を見たバーテンダーが?

トリニティさんがレシートを受け取ると、そこには手書きのメモが挟んであったのです。

もしその男に迷惑しているなら、きみのポニーテールを反対側の肩にかけて。僕が彼を追い払ってあげるから。僕もその男にはうんざりしているんだ。

メモを渡したマックス・グティエレスさんは、彼女たちがしつこいナンパに迷惑している様子を見ていました。

そこで男性に気付かれないようにレシートを渡すフリをして、彼女たちに助けの手を差し伸べたのです。

トリニティさんは、自分のポニーテールを反対側の肩にかけます。すると、マックスさんは彼女たちを口説いていた男性に向かってこういったのです。

「この女性たちは、明らかにきみに興味がないんだ。彼女たちから離れな!」

男性客が「それはちょっと強引じゃないか」といい返すと、マックスさんは「きみが彼女たちを強引に口説いているからだ。出て行ってくれ」と告げ、男性客はその場を去りました。

マックスさんの行動に感激したトリニティさんはTwitterに、この出来事について投稿。

するとたちまち拡散され、マックスさんに称賛の声が殺到したのです。

・すべてのヒーローがマントを羽織っているわけじゃない。アロハシャツを着ているヒーローもいる。

・素晴らしいバーテンダー!清々しい気持ちになったわ。

・今どきこういう男性がいるってことは、同じ男としても嬉しいよ。

ちなみにこの写真は、迷惑な男性客が去った後、トリニティさんがマックスさんにお願いをしてポーズをとってもらったものだそうです。

また数日後、マックスさん本人がトリニティさんのツイートにリプライしました。

なんと彼が追い出した男性客が再び来店して、マックスさんにビールを注文したのだとか。

しかし、その男性客を覚えていた彼は、サービスを断ったということです。

一方でトリニティさんも後日、再びバーを訪れました。彼女はマックスさんとすっかり仲よしになったそうです。

バーなどで誰かを見て「素敵だな」と思い、声をかけることは珍しいことではありません。そのようなきっかけで恋愛や友情が始まることもあります。

しかし、相手に断られたら、潔くその場から離れるのがマナーでしょう。

誰かにしつこく口説かれて迷惑だったとしても、トラブルを避けるために強い口調で断れない場合もあるはずです。

毅然とした態度でトリニティさんたちを助けたマックスさん。

彼のような店員さんがいたら、バーで声をかけられるのが苦手な人でも安心して過ごせるでしょうね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @trinityallie

関連リンク

  • 6/28 16:27
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます