新垣結衣よりも長澤まさみ!?『ドラゴン桜』“極小顔面”ショット対決の勝者は……

拡大画像を見る

 女優の新垣結衣(33)と長澤まさみ(34)が、26日に最終回を迎えた日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)の公式ツイッターに登場。ともに驚異の小顔ぶりを発揮した。

 この日、同アカウントでは「日曜劇場『ドラゴン桜』最後までご覧頂き、ありがとうございました。皆様の沢山の応援のおかげでキャスト・スタッフ一同駆け抜けることができました。毎週日曜日の夜に、少しでも皆さんに元気と勇気をお届けできていたら幸いです。本当にありがとうございました!!」とコメントし、主演の阿部寛(57)や主要キャストの長澤まさみ、生徒役の他、最終回でサプライズ出演した前作キャストの小池徹平(35)、中尾明慶(32)、紗栄子(34)との集合写真を投稿。さらに、阿部と長澤、新垣のスリーショットも公開されている。

 最終回では、小池、中尾、紗栄子に加えて、前作キャストの山下智久(36)が声のみで出演し、新垣結衣も終盤で登場していた。

 『ドラゴン桜』前作キャストが集合したショットに、ネットでは「前作の生徒も出てきてくれてファンにはこれ以上嬉しいことはありません」「前回の生徒役が全員サプライズ出演するなんて号泣です ありがとうございました」「こんな豪華なゲストが出るなんて思ってもいませんでした!」「ガッキー可愛すぎた!山Pやばい!どんだけサプライズ詰め込んだんですかー!」と好意的なコメントが続出。また、阿部と長澤、新垣のスリーショットにも「長澤まさみ×新垣結衣また見れるって最高」「尊すぎるこの3人」「この笑顔が世界を平和にする」「長澤まさみと新垣結衣に挟まれたい」「エモすぎるんだよぉ!」と歓喜の声が相次いでいる。

「今回のスリーショットは、画面映えするインパクト大のルックスとして知られる阿部の両サイドに、長澤と新垣がおり、まさに“両手に花”の状態ですが、それよりも衝撃的なのが長澤の小顔ぶり。もちろん、新垣も小顔であることに間違いないのですが、長澤はその新垣よりもひとまわりほど顔が小さいのです。新垣がハイネックのトップスを着ている一方、長澤は首まわりがすっきりとしたシャツを着ているせいでもあるかもしれませんが、これは芸能界でもトップクラスの小顔といえるのではないでしょうか」(女性誌ライター)

 前作の『ドラゴン桜』から16年が経ったものの、相変わらず長澤と新垣の美しさは健在であった。

関連リンク

  • 6/28 14:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます