坂上忍 宣言再発令、酒類再停止発言にうんざり「また国民に我慢を強いる方向の対策」

拡大画像を見る

 俳優・坂上忍が28日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」に出演。東京で新型コロナ感染者のリバウンド傾向が高まっており、田村憲久厚労相が緊急事態宣言再発令を、西村康稔経済財政相が酒類の停止などの対策を取ると示唆したことに言及。「この状況下で、またお酒というか国民に我慢を強いる方向の対策ってなってしまいますと、納得感を得るには結構なハードルかなという気がする」などと批判した。

 番組では、両大臣の25日の閣議後会見での発言を紹介。田村厚労相の「感染拡大の可能性があれば、緊急事態(宣言)というものを我々は再度発令することも、十分に念頭に置いております」との発言に、坂上は「まん延防止に切り替える前から人出は増えていたので、当然予測はできていたことだと思いますけどね」とチクリ。

 西村経済財政相は「必要に応じて酒類の停止なども含めた強い対策を取るということを頭に置きながら進めていきたいと思います」と話した。

 こうした発言に、坂上は「先手を打つことの大切さは、これまでさんざん言ってきたことであって。ただ、この状況下で、またお酒というか国民に我慢を強いる方向の対策ってなってしまいますと、納得感を得るには結構なハードルかなという気がする」と、うんざりしたような表情で話した。

関連リンク

  • 6/28 14:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます