【100均検証】なぜ全く同じ商品が新業態ダイソーだと500円なのに通常のダイソーだと600円なのかメーカーに聞いてみた結果 /『Bluetoothスピーカー2円筒型』

拡大画像を見る

つい先日のこと。久しぶりに渋谷にある新業態のダイソー「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)」に行ってみたところ、なんともオシャレでカッコイイ商品を発見!

それこそが『Bluetoothスピーカー2円筒型 SP』であり、価格は500円(税込550円)だった。モチのロンで即買いだ。そしてその後、すぐ隣にある渋谷区最大級のダイソーをパトロールしていたところ……

さっきのと同じような商品がある! しかも色の種類がさっきより多くて、価格もさっきより100円高い600円(税込660円)。しかし商品名はさっきのとほぼ同じ『Bluetoothスピーカー2円筒型』であり……

メーカーもスペックも完全に同じときた。いやいやいや、そんなわけない。だって100円も違うんだよ? 同じように見えて、実は中身のバージョンが違ったり……するのかな? 気になったのでメーカーに聞いてみた。すると──

「どちらも同じ仕様の商品です」

えーーーーーーっ!? 中身は同じなのに、いったいなぜ通常ダイソーの方が100円も高いのか? よーく両者を比べてみると……

ダイソーの方がデザイン的にはダサいけど、凝った作りの箱をしている。それに対し、Standard Productsの方はオシャレだけど実にシンプルなクリアの箱。もしかしてこの違い? つまりは箱代? ──と思いきや!

「価格はダイソーさんが決めているので……」

つまりはこうだ。

ダイソーで売る商品の価格も、Standard Productsで売る商品の価格も、すべてはダイソーが決めている。よって、なぜ同じ商品なのに100円も価格差があるのかは、メーカーにもわからない……とのことらしい。

そういうことも、あるんだなぁ〜。

──余談だが、Standard Productsで売っている商品と、まったく中身が同じ商品がダイソーで売られていることはよくある話。たとえば、つい最近紹介した「高品質ステレオイヤホン」なんて良い例だ。

しかしこちらはどちらも税別300円。パッケージのデザインこそ違うけど、中身も価格も同じだった。それを考えると、今回の『Bluetoothスピーカー2円筒型』における100円の差は、わたし的には衝撃なのだ。

ちなみにこちらの『Bluetoothスピーカー2円筒型』、商品としては実に面白い。デザインがオシャレなのはもちろんのこと、Bluetooth / Micro SDカード / USBメモリ / AUXモードから再生方法が選べるという多機能っぷり。

肝心の音質については、低音は全然だけど高音はクリアに聞こえるので、音楽よりも「声」の再生に向いてそうなスピーカーである。500円ならアリだろう。しかし600円なら……ウ〜ム……。ダイソーも500円にすればいいのに……。

執筆:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

関連リンク

  • 6/28 8:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます