犬飼貴丈&一ノ瀬颯が『私が女優になる日_』候補生と胸キュン演技

犬飼貴丈と一ノ瀬颯が、7月3日、10日の25時8分から放送される『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』(TBS系、毎週土曜24:58~)に出演する。

全国の10代の女性を対象に、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成するため、昨年12月に発足したプロジェクト。オーディションが開催され、約9000人の応募の中からプロジェクトメンバーとして選ばれた10人が、プロジェクトタイトルと同名の番組『私が女優になる日_』にて、彼女たちのために制作する青春群像劇のドラマへの出演をかけて演技バトルを繰り広げている。

幅広い世代に人気の俳優・タレントが所属する「田辺エージェンシー」と、数多くの番組、ドラマ、映画から、アイドルや楽曲など様々なエンターテインメントを手掛けてきた秋元康がタッグを組む同プロジェクト。TBSからは、人気ドラマ『半沢直樹』『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』『テセウスの船』『恋はつづくよどこまでも』ほか数々のヒット作を手掛けてきたドラマ制作陣らが参画して、ともにメンバーを選出し、デビューまでを全面的にサポートする。

彼女たちが演じる課題脚本は、これまで人気脚本家の岡田惠和や徳尾浩司、CMプランナーの澤本嘉光などが、この番組のためだけに書き下ろしてきた。そして、7月3日と翌週10日放送回の課題脚本を担当したのは、人気漫画家・青木琴美。青木は「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」といった多くの代表作を持ち、幅広い世代の女性から支持を得ている。プロジェクトメンバーは、青木がこの番組のために書き下ろした胸キュンなオリジナル脚本と、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の一部分を演じる。

そして、この胸キュン脚本の相手役として、犬飼と一ノ瀬の出演が決定。青木が描く胸キュン少女漫画の世界観をどのように演じるのか、そして、プロジェクトメンバーたちとの芝居は視聴者をキュンとさせられるのか、注目が集まる。

なお、今回の審査員は、脚本を担当した青木、今後本番組でオリジナル脚本を手掛けるバカリズム、『半沢直樹』シリーズや『恋はつづくよどこまでも』など幅広いジャンルのTBSドラマの演出を務める田中健太が務める。

さらに、7月3日(土)15時からスペシャル番組『私が女優になる日_』が放送される。10人のプロジェクトメンバーをさらに知ることができ、これを見れば今後の番組がさらに面白くなること間違いなしの盛りだくさんな内容になっている。

なお、前回の放送では、ドラマ脚本や歌詞提供など幅広く活躍する劇作家の根本宗子が脚本を担当。“女優を目指し上京する幼馴染”を応援するも、空回りしてしまう女の子を、最年少メンバー・出口真帆と、スタジオ演技が初となる三浦涼菜が演じた。

関連リンク

  • 6/28 12:30
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます