おばたのお兄さんが不安「接種しないとできない仕事が出るんじゃ」 河野大臣は配慮訴え

拡大画像を見る

 吉本興業ホールディングスは28日、グループ従業員、所属タレント、その家族らを対象にした新型コロナウイルスワクチンの職域接種を始め、河野太郎行政改革大臣が東京本社に視察に訪れた。

 吉本興業は28~7月2日を第1回と位置づけ、東京本社と大阪本社で職域接種をスタート。この日はペナルティ・ヒデ(50)、サバンナ・高橋茂雄(45)、おばたのお兄さん(33)が接種を受け、河野大臣と対話した。

 ワクチンを「すぐ打つ」と決めたというヒデは「家族いますし、子供も2人いて、年老いた両親もいる。昨日も劇場に立っていましたけど、お客様ありきの商売。見に来てくれるお客様に少しでも安心と安全を提供できたら」と、家族と社会を守るための接種だと明かした。

 おばたのお兄さんからは「おそらく接種していないと今後できないというお仕事が出てくるんじゃないかなというのも(接種理由の)一つ」と不安もこぼれたが、河野大臣は「ポリエチレングリコールのアレルギーがあったり、過去にアナフィラキシーを起こしたりという事で打てない方もいるわけですから、そういった方々への配慮の必要があると思います」と留意した。

関連リンク

  • 6/28 12:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます