子役を経験したジャニーズタレントたち、劇団四季出身者が多い理由は?

拡大画像を見る

 イケメンが集うジャニーズ事務所には、子役を経験して移籍してくる者が少なくない。元タッキー&翼で、現在はジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明、昨年退所した山下智久は、もともとほかの事務所の子役だった。KinKi Kidsの堂本剛は、地元・関西の児童劇団に所属。「堂本直宏」という芸名でおよそ4年間活動しており、87年に放送された連ドラ「ダウンタウン物語」(MBS)で浜田雅功の幼少期を演じている。

 剛と同じく、子役時代に多くの作品に出ていたのはHey!Say!JUMPの有岡大貴。10歳の時にスーパー戦隊シリーズ「百獣戦隊ガオレンジャー」に出演。連続時代劇やMr.Childrenの楽曲「ファスナー」のライブ用映像にも出ている。

 意外と多いのが劇団四季出身だ。

「ジャニーズJr.で群を抜いたダンススキルを持つTravis Japanの川島如恵留は、小学生の時に姉の想妃愛とダンスカンパニー『アイビィーカンパニー』に入団。四季の代表作『ライオンキング』のヤングシンバ役に抜てきされ、107回ほどステージに立っています。退団したわずか4カ月後にジャニーズへ移籍しました」(演劇関係者)

 色白で日本人離れした顔立ちの川島は、オランダ人の血が8分の1入っているワンエイス。青山学院大学卒の27歳だ。

 努力家の川島と同じヤングシンバ役を演じたことがあるのは、関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ! groupの佐野晶哉。

「圧倒的な歌唱力の佐野は、7歳からジャズダンスやバレエなどをひと通り経験。兵庫県芦屋市にあったミュージカルプロ養成スクールに所属して、『サウンド・オブ・ミュージック』でクルド役、『ライオンキング』でヤングシンバ役を演じました」(前出・演劇関係者)

 ほかにも、俳優の高田翔もジャニーズ入所前の07年まで別の芸能事務所に所属。劇団四季へ移籍後は、同じくヤングシンバ役を射止めている。大の競馬好きのため、フジテレビ系「みんなのKEIBA」に不定期出演している。

 劇団四季の創設者で、演出家・実業家など多くの肩書きを持った浅利慶太氏とジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川氏は大親友だった。劇団四季出身のジャニーズ多いのは当然の運命かもしれない。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 6/28 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 劇団四季って一時期韓国人に乗っ取られて急に面白くなくなったって聞いたけど、人気取り戻したの?

記事の無断転載を禁じます