「初めて見た」「近未来感ある」 離島での乗下船方法がスリリングすぎた

拡大画像を見る

沖縄本島の東に位置する、南大東島(みなみだいとうじま)。

以前この島を訪れた、たぬきねこ(@JGXC4035370)さんは、島で体験した乗下船の方法を振り返り、Twitterに投稿しました。

そのスリリングな様子が、多くの人の冒険心をくすぐっています!

テーマパークにありそうな、スリリングな乗下船!

島に到着した後、港にかかった桟橋を使い、徒歩で降りるのが一般的ですよね。

同島では、乗客が歩いて下船しません。代わりにどうするのかというと…。

なんと、コンテナに入って、港までクレーンで運ばれるのです!

遊園地のアトラクションのような楽しみを味わえそうですが、これには理由があります。

同島はもともと、サンゴが堆積し、隆起を繰り返して誕生した島でした。

そのため、島の周囲は断崖絶壁の状態。

船が接岸することが難しく、停泊しても波の影響を受けやすい環境にあります。

乗客の安全を確保するため、コンテナとクレーンを使う手法が行われているのですね。

なお、南大東島から10km以内にある、北大東島(きただいとうじま)でも同様の手法が取り入れられています。

投稿を目にし、乗下船の方法に驚く人が相次ぎました。

・初めて知りました!怖そうですけど、一度は試してみたい気もします…。

・『空飛ぶエレベーター』みたいな、近未来感がありますね。すごい…!

・日本とは思えない光景…!海外かと思いました。

絶叫系のアトラクションが好きな人は、一度は体験してみたくなりますね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @JGXC4035370

関連リンク

  • 6/28 10:09
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます