【CBC賞見どころ】ヨカヨカが熊本産馬初のJRA重賞Vを狙う

拡大画像を見る

 ヨカヨカに注目したい。ここで悲願の重賞制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/4(日) CBC賞(3歳上・GIII・小倉芝1200m)

 ヨカヨカ(牝3、栗東・谷潔厩舎)は今年のフィリーズレビューと葵Sで2着と、重賞で惜しい結果を残してきた。2歳時のオープン2勝はいずれも今回と同舞台であり、条件替わりは歓迎だろう。熊本県産馬初のJRA重賞勝利を期待したい。鞍上は初コンビの和田竜二騎手。

 ピクシーナイト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)は今年のシンザン記念を制したモーリス産駒。続く2戦は敗れたが、先手を取るスピードを見せてきただけに距離短縮は良さそう。2ハロンの距離短縮で新味を出して重賞2勝目なるか。鞍上は福永祐一騎手。

 その他、昨年のアーリントンCなど重賞2勝のタイセイビジョン(牡4、栗東・西村真幸厩舎)、重賞初挑戦の京王杯スプリングCで5着と健闘したビオグラフィー(牝4、栗東・藤岡健一厩舎)、昨年のスプリンターズS3着馬アウィルアウェイ(牝5、栗東・高野友和厩舎)、リステッドの安土城Sで3着だったメイショウチタン(牡4、栗東・本田優厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

関連リンク

  • 6/28 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます