ウィリアム王子、メーガン妃を非難「あの女が僕のスタッフにした仕打ちは残酷だ」

拡大画像を見る

王室離脱後、妻メーガン妃や長男アーチー君(2)と共に米カリフォルニア州に移住したヘンリー王子は、英時間4月17日に営まれた祖父エディンバラ公フィリップ王配の葬儀に参列するために帰国し、兄ウィリアム王子と約1年1か月ぶりの再会を果たした。

葬儀で兄弟は一定の距離を置いていたが、教会から出た際にはキャサリン妃が仲裁役となり、2人で会話して歩く姿が目撃された。

ロバート・レイシー氏によると、兄弟はその後ウィンザー城内に入り、カメラに映らなくなった途端に口論を始めたという。

同氏の長年の友人は「彼らはいつものように激しくぶつかり合っていた。2人の間にある怒りと憤りは、信じられないほどに深くなっている」と明かし、「どうしようもないほどに肩をすくめた」と述べたそうだ。

当時の報道では葬儀の後、教会を出たヘンリー王子とウィリアム王子は父チャールズ皇太子とウィンザー城内にある中庭で合流し、2時間ほどプライベートな会話を交わしたと伝えられていた。

しかしレイシー氏は、「残念ながら、そのようなことはなかった。ある新聞が誤って報じたような和解はなく、葬儀後の兄弟の座談やミニ・サミットなども行われなかった。ウィリアム王子とキャサリン妃は親族に挨拶し、エリザベス女王とチャールズ皇太子に別れを告げて帰路についた」と報道内容を否定。「ダイアナ妃のひどく分裂した2人の息子達の対立は、すぐに終わりそうにはない」と記した。

今年3月には、メーガン妃がケンジントン宮殿で生活していた当時、シニアスタッフが「妃のいじめによって2人のスタッフが辞職した」と宮殿に苦情文を提出していたことが報じられ、バッキンガム宮殿が関連スタッフを集めて調査を開始すると発表した。

レイシー氏が知る情報筋によると、かつてウィリアム王子はある人物に「誰もが気難しい義理の姉妹を持っている」と指摘されたことがあるそうだ。その時、王子はうなずいて反応したものの、突然「だが、あのとんでもない女が、僕のスタッフにした仕打ちを見てくれよ! 残酷だ!」と怒りを露わにしたという。

またヘンリー王子と親しい友人が「メーガンは500%の悪夢になる。永遠に終わらないPR活動。まったくもって、アメリカ人だ!」と話しているとも述べた。

ヘンリー王子は母である故ダイアナ妃の銅像の除幕式に参加するため、現地時間25日に英国に帰国した。5日間の自主隔離生活を終えた後、妃の60回目の誕生日となる7月1日にケンジントン宮殿での式典にウィリアム王子と共に出席する予定だ。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2019年11月10日付Instagram「On #RemembranceSunday The Duke and Duchess of Cambridge joined Her Majesty The Queen and members of @TheRoyalFamily, as the nation honoured those who have lost their lives in conflict.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 6/28 9:57
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます