「かえるの歌」をノリノリに弾きすぎました… オーケストラ奏者の本気演奏動画が話題に

拡大画像を見る

北東ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団所属の打楽器兼ティンパニ奏者、長谷見枝里さんの演奏動画がTwitter上で大きな注目を集めている。

https://twitter.com/EriHasemi/status/1408765285105086470?s=19

「『かえるの歌』をノリノリに弾きすぎました」

マリンバとアフリカの打楽器・カシシなどを巧みに弾きまくったサウンドはまるで南国のカーニバル。牧歌的な『かえるの歌』をここまでアグレッシブにアレンジした長谷見さんの熱演にTwitterユーザー達からは

「カエルもノリノリで歌いそうだ
いい物見れたぜ!」
  
「打楽器の人ってすごい器用の無駄遣い(褒めてる)するの得意よな。
管楽器からしたらその複雑な動作と楽譜と演奏をどうやって体で理解してるのか謎。」
  
「楽しくすばらしい演奏はもちろんですが、フィニッシュの決めポーズのやりきった感が好きです」

など数々の絶賛のコメントが寄せられている。

なお長谷見さんはこの他にも『森のくまさん』『きらきら星』などの演奏動画をTwitter上で披露。

いずれも鬼気迫る熱演なので、ご興味のある方はぜひご覧になっていただきたい。

【長谷見枝里さん出演 アンサンブルコンサート「Ensemble plus+ vol.5」】

開催: 2021年8月3日(火)
開場: 18:30 開演: 19:00(新型コロナウイルスに関する情勢により、変更の可能性がございます)
会場: 豊洲シビックセンターホール
一般: 2000円 学生: 1500円 オンライン動画配信: 1500円
オンライン配信プロジェクト クラウドファンディング:https://camp-fire.jp/projects/view/402899#main

※画像はTwitter(@EriHasemi)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

関連リンク

  • 6/28 9:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます