<なんて名前?>傘をぐるっと巻いてとめる“ベルト”の名前はなーんだ

拡大画像を見る

 見たり使ったりしたことはあるけど、意外と名前を知らないモノって多いですよね。

 いよいよ梅雨本番! 傘が手放せない季節になりましたが、傘をぐるっと巻いてとめるベルト、なんという名称なの知っていますか?

◆Q.傘をぐるっと巻いてとめるベルトの名前は?

◆A.ネームベルト

 傘を束ねる時に、ぐるっと巻いてとめるベルト。実はこれ、「ネームベルト」という名前がついているんです。

 昔は傘が高級品だったため、持ち主はこのベルトに名前を書いて盗難防止をしていたのが由来だそう。

 ただ、防水加工された傘の生地でベルトが作られていたため、ペンで名前を書くことが難しかったとか。そこで、ベルト部分だけ防水加工がされていない生地を使用し、簡単に名前を書けるよう改良されました。

 現在はコンビニで簡単にビニール傘が買え、ネームベルトに名前を書く習慣もほとんど残っていませんよね。でも、ネームベルトに名前を書いておけば、誰かに間違えられて自分の傘を持っていかれてしまった…という悲しい事件も減るかも!

 最近は傘にも多様なデザインが販売されていますが、今回のお題のネームベルトにちなんでこんな商品を発見しました。

 その名も「Tail」という、傘の上にちょこんと乗った動物たちのシッポがベルトになっている傘です。

 傘を束ねる時はぐるりとシッポを巻きつけ、傘をさすと歩くたびに猫ちゃんやクジラのシッポがゆらゆら揺れます。アダルトサイズは8種類の動物があってとってもキュート!

 自分の好きな動物の傘をチョイスすれば、憂鬱な梅雨シーズンも少しは楽しく乗り越えられるかも♪

<文/女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/28 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます