僕はなぜマスクをつけるのか│久田将義

歌舞伎町での路上飲み (撮影・編集部)

そろそろ夏だなと思う時期になりました。マスク生活は二年目に突入。汗っかきの僕にとっては最悪の季節。二回目の夏になりますね。知り合いの編集者と電話で「前に飲んだのいつだっけ」。西麻布にあるラウンジで「コロナなんだって。マスクつけた方がいいのかな」などとマスク無しで距離を取って、会話をしたのは憶えています。あの頃はまだマシでした。いい加減にして欲しいとやり場のない怒りを抱きつつ、マスクを捨てる事はせずつけています。

僕は「分断」は非常に残念だと思う派です、特に日本人同士が。意見の違いがあるのは、分かります。ただそれが、お互いに攻撃的になり、敵認定するのは本来避けるべきものだと考えています。そこに意義を見出せません。
マスクつける派とマスクをつけない派の分断は非常に残念に思います。僕はつける派です。ただ、つけない派を攻撃しようとも思いません。なぜなら、その苛立ちが分かるから。僕もつけたくないです。昨年の夏は人通りがいない場所では取って、歩いていました。下手すると熱中症になりますから。

でも、マスクをつけるのはなぜでしょう。

メディアを通じての、医学者・専門家たちの話を聞いていると、どうやらマスクをしていた方が感染が防げる「らしい」。人類初めてのウィルス災害な訳だから断定がなかなか出来ず、全てが未体験なので、この新型コロナに対するものは「らしい」という表現で我々一般人は捉えるのが、妥当かと思います(専門家は違いますよ)。つまり、全てが「らしい」という可能性で論じざるを得ないような気がします。と、いう風にメディアの末席を汚す身としての僕は考えています。

1m以内に人がいる状態を密と言われ感染の恐れがある。これも「らしい」。分かり始めている事は人から人へ飛沫感染をする。これは確実「らしい」。

飲食店が諸悪の根源のように語られていますが、それはアクリル板の設置、換気、人と人の間を離す。これで感染は防げる「らしい」との事。これはハッキリとした根拠が示されているのかどうか。ただ、密よりは「何となく」安心する自分がいます。

ヤクザとワクチン 現役ヤクザに直電してみた「打つかどうか迷っています」│久田将義 | TABLO 

僕のニコ生番組でアンケートを取りました。すると

・感染対策をしている店らには行く
・していれば、店のなかでマスクを取っても構わない

といった結果になったと記憶しています。

なので、信頼できる店ではマスクをしない人が多いようです。僕は店内でもマスクをして、飲んだり食べたりしているのですが、「マスク嫌い」の人にとっては嫌な気持ちになっているかも知れません。逆に、この前に入ったバーでは、全員客がマスクをしていて、マスクをつける派の僕としても違和感を覚えました。やはり異様な光景ですよね。3年前の日常と比べると。

誰も好んでマスクなんかしてはいません。それでも仕方なくつけている人が大部分だと推測します。

僕は28日現在、第一回目のワクチンを接種をしているのですが二回目を打ってもマスクをすると思います。なぜか。
タバコと似ている気がします。タバコを吸わない人にとって、店内で吸われると副流煙もそうですし、匂いが髪や服につき、帰宅時は非常に不愉快な思いをします。ただ、喫煙権はあります。ですからそれを「吸うな」という権利も立場も僕にはありませんしそんな事を言うつもりもありません。けれど、気を遣う人は席を離れて吸う人もいます。そうでない人もいます。僕は素直に「席、移動していい?」と席を代わったりもしています。

ワクチン騒動はこう切り抜けろ 51歳の筆者が既に接種済出来た方法とは | TABLO 

マスクを着ける目的は色々あると思うのですが、結局「大人の振る舞い」ではないかと感じている次第です。不愉快な、迷惑だと思われない行動をするのはマスクだけではありませんよね。電車の中で食べ物を食べないとか(臭う)、道では傘を横にして歩かない(後ろの人が危険)等々。日常には色々なマナーがあります。その一環と僕は捉えています。それと、感染しない「らしい」という可能性が高い「らしい」ので。ですから、政府が安全宣言(?)を出したり、周囲がほぼマスクをしていないなと感じるまで、マスクをつけておこうという「僕の判断」です。(文@久田将義)

関連リンク

  • 6/28 8:00
  • TABLO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます