ホラン千秋「赤坂のドン・ファン」深刻トバッチリ!背後から迫るカトパンの悪夢!!

拡大画像を見る

 6月11日発売の『FRIDAY』(講談社)にテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(24)との“お泊まり愛”が報じられたTBSの小林廣輝アナ(27)。しかし同時に、航空会社勤務の黒髪美女との“二股疑惑”も浮上した。

 さらに、6月25日発売の同誌では複数女性との交際の事実や小林アナの寝顔写真、LINEのやりとりなども掲載され、第3、第4の女性の存在まで報じられたのだ。

 黒髪美女との二股疑惑について、記者からの直撃された小林アナは交際をきっぱりと否定。しかし、6月25日の記事ではナンパのやり口や生々しいLINEのやりとり、寝顔写真まで掲載され、言い訳も難しくなったようだ。

 その乱倫ぶりに、“赤坂のドン・ファン”という呼び名も定着しつつある小林アナだが、6月24日放送の『Nスタ』(TBS系)を欠席。月~木曜のサブキャスターを務めているが、降板が濃厚になったという見方もある。

 6月25日の同番組では前日の出演見合わせについて、キャスターの井上貴博アナ(36)が「小林廣輝アナウンサーのプライベートに関して、一部の週刊誌で報道がなされました。私たちは日々ニュースをお伝えしている立場でもあります。そういったことを考えまして、『Nスタ』として番組への出演を見合わせることにいたしました」と説明。

 そして、進行役を務める6月27日のバラエティ番組『アッコにおまかせ!』も出演見合わせとなった。番組冒頭、小林アナの代役を務めた国山ハセンアナ(30)が今回の経緯を説明した後、MCの和田アキ子(71)が言及。「独身ですから、犯罪を起こしたわけではないし」とした上で、「本人の自覚が足りなかったということ」「テレビに出るということはいろんな意味で影響がある。会社や一緒に仕事をしている皆にどういう影響があるか考えて、自覚を持って生きていただきたい」と厳しく語った。

「アッコさんも呆れてしまっているのではないでしょうか。芸能スキャンダルを取り扱う『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、原稿を読んでいたアナウンサーが、芸能人のそれを超えるようなスキャンダルをヤラかしてしまったわけですからね。

 アッコさんが言うように、小林アナは独身だし、芸能人でもない。“まさか自分が週刊誌のターゲットになるとは”と小林アナは思っているかもしれませんが、『アッコにおまかせ!』のような番組に出ていて、かつテレ朝の次期エース、大人気アナウンサーの斎藤アナと交際して、あの乱倫ぶりはアウト。『アッコにおまかせ!』も降板する可能性が高そうですし、また、一部ではすでに斎藤アナとは破局しているという報道も出ましたが、それも当然ですよね。

 厳しいですが、小林アナはキー局アナウンサーとして自覚のない行動から、このような事態を招いてしまった。いわば自業自得ですが、実は今回の小林アナのスキャンダルで、最もとばっちりを受けそうなのが、ホラン千秋さん(32)ではないかと言われているんです」(制作会社関係者)

■ホラン千秋の『Nスタ』は好調だったが……

 ホランは2017年4月から『Nスタ』にメインキャスターとして出演。小林アナとも共演していていたわけだが、なぜ彼女が今回の騒動でとばっちりを受ける可能性があるのか。

「小川彩佳さん(36)がメインキャスターを務める『news23』をはじめ、報道番組が不調のTBSにあって『Nスタ』は視聴率も堅調なんです」(前出の制作会社関係者)

 夕方の報道番組では日本テレビの『news every.』が世帯視聴率10%以上を記録することも多く、トップをひた走っている。そして、2番手の『Nスタ』が7%前半から後半、テレビ朝日の『スーパーJチャンネル』が6~7%台、フジテレビの『Live News イット!』が5%前半から6%前半という視聴率だという。

「『news every.』は、過去には視聴率15%を超えたこともあるお化け番組ですからね。そんな中にあって『Nスタ』は健闘している。そして、特に“ホランさんがいい仕事をしている”とも言われているんです。彼女はルックスのキュートさもありますが、しっかりと原稿も読めて番組にもハマり、評価が高いといいます」(前同)

 ホランといえば、就職時に民放キー局のアナウンサーにすべて落ち、さらにテレビ局の制作の採用試験でも全敗したことを自虐的に語ることもある。

「しばらくは不遇の時代が続き、アルバイトなどもしていたそうですが、2012年に『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターに抜擢され、その後はキャスター仕事が増えました。遠回りはしましたが、現在ではタレントでありながら女子アナ的な仕事をし、良い結果を残しているわけです。

 夕方のメイン視聴者である主婦層にも受け入れられ、かつ男性ファンも多い。ホランさんの活躍もあり、『Nスタ』関係者の中では“ここから『news every.』を追い抜こう!”という機運や勢いが醸成されつつあった。しかし、そんなタイミングで、小林アナの女性スキャンダルが噴出してしまったんです」(同)

■『Nスタ』失速で新婚・加藤綾子が迫る!?

 テレビ局の多くが、13~49歳の“コア層”と呼ばれる若い視聴者に向けた番組作りを心掛けている。TBSも『逃げるは恥だが役に立つ』や『恋はつづくよどこまでも』など、女性人気の高いドラマを軸に、若い女性視聴者を取り込む施策を講じていくと言われている。

「小林アナの下半身スキャンダルは、若い女性、主婦層にとって最も忌み嫌われるものですよね。だからこそ『Nスタ』からは降板する可能性が高い。

 アナウンサーとしてはホランさんよりも格上で、特に男性からの支持が圧倒的な加藤綾子さん(36)がMCを務める『Live News イット!』より『Nスタ』は結果を残してきたわけですが、小林アナのスキャンダルで『Nスタ』が失速する可能性もあります」(前出の製作会社関係者)

 加藤は6月6日に“一般男性”との結婚を発表。一部では、結婚を機に『イット!』から卒業するのでは、といった報道もあった。

「10月以降も番組は継続し、加藤さんが引き続きMCを務めるそうです。ただ、『イット!』もいつまでも民放4位に甘んじているわけにはいかず、数字が上がってこなければ、加藤さんのクビも危ない。それだけに、彼女の目の色も変わるでしょうね。そんな中、小林アナの一件で、ホランさんの『Nスタ』から視聴者が離れることになれば、加藤さんが盛り返す絶好のチャンスになるでしょう。

 ホランさんとすれば、今は悪夢の状況かもしれませんね。採用試験で全キー局に落とされ、長い年月をかけて頑張って現在の地位を築いたのに、小林アナのヤラカシで番組に逆風が。そして後ろからひたひたと、ずっとエリート街道を走っていた加藤さんが迫ってくるわけですからね……」(前同)

『Nスタ』、そしてホランは“身内”である小林アナの下半身スキャンダルでつまずき、スーパー綾子の猛追を受けることになるのだろうか――?

関連リンク

  • 6/28 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます