東出昌大「芸能界引退」リアル!『コンフィ4』消滅&養育費1万円の「ドツボ」!!

拡大画像を見る

 6月14日に最終回を迎えたばかりの月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)だが、早くも映画化されることが決まったと6月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 4月5日の初回放送の平均世帯視聴率は13.9%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、その後も2桁台をキープし、最終回も番組最高タイの13.9%を記録。竹野内豊(50)の11年ぶりの月9主演作は見事な成功を収めたといえるだろう。

 そんな『イチケイのカラス』で小日向文世(67)は実直な裁判官・駒沢義男を好演。同じく東大法学部卒の堅物裁判官を演じた黒木華(31)とともに、さらに評価を高めたといえそうだ。

 小日向と黒木は2016年4月のドラマ『重版出来!』(TBS系)やNHK大河ドラマ『真田丸』などでたびたび共演。他の俳優の演技について滅多に言及しない小日向だが、黒木の演技を絶賛していると、前出の『週刊文春』では伝えている。

 そして、小日向が黒木と同じように評価している女優が長澤まさみ(34)だという。小日向と長澤はドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)で共演。劇場版1作目は興行収入29億7000万円、2作目は33億円を突破する大ヒット映画となり、今春には3作目の撮影が行われたと報じられている。

『週刊文春』によると、来年には映画『コンフィデンスマンJP』の第3弾が公開され、さらに第4弾のクランクインも控えているという。

 映画製作会社関係者は話す。

「文春にはそのようにありますが、『コンフィデンスマンJP』の第4弾に関しては“ないのでは”と言われていて、現状、新作映画の話は動いていません。というのも、メインキャストの長澤さんと小日向さんが超多忙なんです。映像作品に加えて舞台などで2~3年先のスケジュールまで埋まっているといいますからね。

 今からではとてもじゃないですが、映画を撮影するような長期間のスケジュールは確保できない。そのため、現状は『コンフィデンスマンJP』の第4弾はナシ、という話になっているといいますね」

■東出の名前がキャスティング候補から抹消され……

 芸能プロ関係者は話す。

「『コンフィデンスマンJP』の続編がないとなると、東出昌大(33)は相当厳しい状況になるでしょうね。唐田えりか(23)との不倫が報じられて以降、彼には新規のオファーが本当にないといいますからね」

 2020年1月に唐田との3年にわたる不倫関係が報じられ、同年夏に杏(35)との離婚に至った東出。

 不倫報道以降、地上波ドラマへの出演こそないが、今年4月9日公開の『BLUE/ブルー』をはじめ、今秋公開予定の『草の響き』、来年公開予定の『峠 最後のサムライ』など、多数の映画には出演している。

「ただ、今年公開された映画や今後公開予定の映画は不倫が発覚する前に決まっていた仕事で、新規のオファーは本当にないようなんです。ドラマや映画には“キャスティング候補”と呼ばれる、誰を起用するかのリストがありますが、不倫発覚後にはそのリストの多くから名前が消えてしまったといいます。

 さらに、ここにきての“養育費1万円”報道で、さらにキャスティング候補リストから名前が消える事態になっているといいます」(前同)

■養育費1万円報道でさらにイメージが失墜

 5月27日発売の『女性セブン』(小学館)が、東出が子ども1人につき月1万円の養育費を提示し、杏が大いにショックを受けていると報じたのだ。

「東出と杏さんの収入格差などを考えれば妥当な額なのかもしれません。ただ、社会に与える印象なども考えると、芸能関係者の間でも“さすがにアレはない”となっているといいます。ドラマや映画関係者としても、心情的にも、東出の現在のイメージからしても、作品に起用したい、とはならないですよね。

 そんな中で、唯一、新規の仕事として期待できるのが『コンフィデンスマンJP』だったんです。同作で東出は準主役ですから、降板させるほうが不自然。ただ、長澤さんと小日向さんのスケジュールを考えると、少なくともこれから3年は続編製作の見込みはない。

 かつ、ほとんどのキャスティング候補から名前が消えたことで、ここにきていよいよ、東出の芸能界引退が現実味を帯びつつあるのではないでしょうか……」(前出の芸能プロ関係者)

 東出はこの危機を乗り越え、俳優として再起することができるのだろうか――?

関連リンク

  • 6/28 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます