フィラー注射で壊死 鼻の一部を失いかけた26歳女性(英)

拡大画像を見る

英北西部マージーサイド州リヴァプール在住のリア・モートンさん(Leah Morton、26)は4月29日、「鼻の形が気に入らない」とネットで見つけたクリニックでフィラー(充填剤)注射を受けた。

唇にフィラー注射を受けたことがあったリアさんは「メスを使う手術よりも格安だし、ネットでの評判も良いし…」と軽い気持ちで施術を受けたが、帰宅するとすぐに鼻の異変に気付いた。

リアさんは当時のことをこのように振り返っている。

「クリニックではフィラーの危険性については一切説明がなく、スタッフは私の鼻に直接注射をしたの。そして帰宅すると、鼻の頭が白く変色していてね。夜になると顔の圧迫感と強い痛みを感じて眠れなくなってしまったの。自分の鼻がポロリと落ちる悪夢を見たくらいよ。」

心配になってクリニックに電話したリアさんは、施術した女性の友人だという看護師を紹介され、注入した薬剤を溶解する施術を受けた。フィラーを注入してから2日が経っていた。

リアさんは「看護師が施術をするのは初めてだったようなの。鼻に注射針を刺された後、患部をマッサージされたわ。でもそれは今までに経験したことがないような痛みだった。そして翌日、目が覚めて鏡を見ると鼻のまわりにたくさんの水膨れができていたの」と述べ、症状が悪化していったことを明かした。

怖くなったリアさんはその後、ネットでリサーチし、自分の鼻が壊死し始めていることを確信。バーミンガムのクリニックで再び薬剤を溶解させる施術を受けたが、リアさんはそこからさらに大きな病院を紹介された。

リアさんの鼻は注入されたフィラーによって血行障害が起きて先端が壊死し始めており、緊急治療室の医師に「鼻の先端部分を失う恐れもあります」と告げられた。白かった鼻の先端は次第に紫から黒色に変わり、すぐに高気圧酸素療法と薬の服用が始まった。

なおフィラーの代表的な成分はヒアルロン酸だが、リアさんが何を注射されたのかは明らかにされていない。リアさんは高気圧酸素療法を1か月以上毎日続けたことで鼻の一部を失うことだけは避けられたが、鼻には傷痕が残ってしまったという。また鼻の色も変わり、これから肌本来の色が戻ってくるかどうかも分からないそうだ。

リアさんは最後に「ここ2か月はぐっすり眠れないし、悪夢を見るし、外出することも嫌なの。もう2度とフィラー注射をすることはないでしょうね。だってリスクが大きすぎるもの」と精神的な打撃が大きかったことを明かすと、「フィラー注射の危険性にもっと目を向けて欲しい」と注意喚起した。

ちなみに2019年には台湾で高周波を肌に照射する“サーマクール”の施術を受けた50代女性が顔面水ぶくれだらけに、今年3月にはアメリカでボトックス注射を3年間受け続けた女性が施術ミスで片方の瞼が下がり、半開きの状態になっていた。

画像は『Mirror 2021年6月18日付「Woman almost loses nose and lip after catching flesh eating bug from botched filler」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 6/28 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます