【宝塚記念結果】クロノジェネシス完勝! 牝馬初のグランプリ3連覇を達成!

拡大画像を見る

 27日、阪神競馬場で行われた宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、逃げてしぶとさを見せた7番人気ユニコーンライオン(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分10秒9(良)。

 さらにクビ差の3着に2番人気レイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)が入った。なお、3番人気カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は4着に終わった。

 勝ったクロノジェネシスは、父バゴ、母クロノロジスト、その父クロフネという血統。ファン投票1位、単勝オッズ1.8倍の支持に見事応え、ゴールドシップ以来史上2頭目となる宝塚記念連覇を達成。昨年末の有馬記念と合わせて、牝馬としては史上初となるグランプリ3連覇を果たした(牡馬を含めるとスピードシンボリ、グラスワンダーについで史上3頭目)。

【C.ルメール騎手のコメント】
 馬のコンディションはとても良かったです。返し馬も良い感じでしたし、道中も完璧でしたね。レイパパレの後ろで我慢して、直線ですごくいい脚を使ってくれましたので、ラスト200mは楽でした。ヨーロッパ血統ですから柔らかい馬場でもいいパフォーマンスができると思います。フランスでもいい結果を出せると思います。

<宝塚記念ダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 6/27 15:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます