マンCの若手DF、OBコンパニ率いるアンデルレヒトに期限付き移籍

拡大画像を見る

 マンチェスター・Cは27日、U-20イングランド代表DFテイラー・ハーウッド・ベリスがアンデルレヒト(ベルギー1部)へと1年間の期限付き移籍で加入することをクラブ公式サイトで発表した。

 2002年1月30日生まれのハーウッド・ベリスは、2008年からマンチェスター・Cの下部組織に所属。2019年9月のカラバオ・カップ(リーグ杯)でトップチームデビューを飾り、2020年1月のFAカップでキャリア初得点を記録した。トップチームではここまで公式戦通算8試合に出場している。

 センターバックを本職とする同選手は2020-21シーズン後半、ブラックバーンへと半年間の期限付き移籍で加入。主力の一人として活躍し、2部チャンピオンシップで19試合に出場した。

 ハーウッド・ベリスが加入するアンデルレヒトは現在、2008年夏から2019年夏にかけてマンチェスター・Cでプレーした元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ氏が監督を務めている。20-21シーズンのジュピラー・プロ・リーグではプレーオフ4位に終わり、21-22シーズンから新設されるヨーロッパカンファレンスリーグに予選3回戦から出場する。

関連リンク

  • 6/27 23:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます