ニース、バルサDFトディボの買取OPを行使…移籍金は約11億円+ボーナス

拡大画像を見る

 バルセロナは27日、ニースへと期限付き移籍していたフランス人DFジャン・クレール・トディボについて、ニースが買い取りオプションを行使したと発表した。

 バルセロナの発表によると、オプションの行使額は850万ユーロ(約11億円)。加えて、将来の活躍に応じて変動する最大700万ユーロ(約9億円)のボーナスもバルセロナは受け取ることになる。さらに、トディボが将来的に移籍する際、移籍金の1%をバルセロナが受け取る権利も付帯している。

 現在21歳のトディボは、2019年1月に母国トゥールーズから100万ユーロ(当時レートで約1億2000万円)の移籍金でバルセロナに完全移籍加入。しかし、バルセロナではチャンスをつかむことができず、公式戦出場は通算5試合にとどまった。

 出場機会を求めて、2019-20シーズン後半はシャルケ、20-21シーズン前半はベンフィカへと期限付き移籍。2020年2月から加入したニースでは主力に定着し、公式戦通算17試合に出場した。

関連リンク

  • 6/27 23:27
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます