京都が2連勝で15戦無敗…磐田は長崎下して7連勝! 大宮が15戦ぶり白星/J2第20節

拡大画像を見る

 明治安田生命J2リーグ第20節が26日と27日に行われた。

 ファジアーノ岡山とホームで対戦した首位京都サンガF.C.は、38分に相手DFの連係ミスからピーター・ウタカが先制点を奪取。55分にはウタカのお膳立てから川﨑颯太が追加点を挙げ、2-0で勝利した。京都は2連勝となり、無敗を15試合に伸ばした。

 敵地でV・ファーレン長崎と対戦したジュビロ磐田は、73分にカウンターから小川航基が挙げた1点を守り抜いて、好調同士の上位対決を1-0で制した。磐田は連勝を「7」に伸ばし、長崎の連勝は「5」でストップした。

 松本山雅FCはFC琉球戦が名波浩新監督の初陣となったが、清武功暉にハットトリックを許すなど4失点を喫して大敗。2試合ぶりに勝利した4位琉球は、水戸ホーリーホックとスコアレスドローに終わった3位アルビレックス新潟との勝ち点差を「1」に縮めた。

 ザスパクサツ群馬とホームで対戦したヴァンフォーレ甲府は、7分に荒木翔が先制点を挙げると、前半だけで4点を奪取。後半は2点を奪い合い、甲府は6-2で勝利した。FC町田ゼルビアは吉尾海夏がハットトリックを達成するなど、大量5点を奪って愛媛FCを撃破している。

 霜田正浩監督の古巣対決となった大宮アルディージャは、32分に黒川淳史が挙げた1点を守りきってレノファ山口FCに勝利。大宮は15試合ぶりの白星で降格圏脱出に一歩近づいた。

 ホームに栃木SCを迎えた東京ヴェルディは、16分にミドルシュートを決められて追いかける展開となったものの、58分に鮮やかな崩しから山下諒也が同点弾を挙げる。さらに63分、東京Vはオウンゴールで勝ち越し、2-1で勝利。東京Vは2017年以来となる5連勝となった。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
▼6月26日(土)
V・ファーレン長崎 0-1 ジュビロ磐田
ブラウブリッツ秋田 1-1 SC相模原
東京ヴェルディ 2-1 栃木SC
アルビレックス新潟 0-0 水戸ホーリーホック
京都サンガF.C. 2-0 ファジアーノ岡山
FC琉球 4-0 松本山雅FC
モンテディオ山形 4-1 ツエーゲン金沢
ギラヴァンツ北九州 0-0 ジェフユナイテッド千葉

▼6月27日(日)
ヴァンフォーレ甲府 6-2 ザスパクサツ群馬
FC町田ゼルビア 5-0 愛媛FC
レノファ山口FC 0-1 大宮アルディージャ

■順位表
1位 京都(勝ち点44/得失点差+19)
2位 磐田(勝ち点44/得失点差+13)
3位 新潟(勝ち点41/得失点差+22)
4位 琉球(勝ち点40/得失点差+16)
5位 町田(勝ち点34/得失点差+12)
6位 甲府(勝ち点34/得失点差+12)
7位 山形(勝ち点33/得失点差+8)
8位 長崎(勝ち点33/得失点差+1)
9位 東京V(勝ち点33/得失点差-2)
10位 水戸(勝ち点26/得失点差+6)
11位 岡山(勝ち点25/得失点差0)
12位 千葉(勝ち点25/得失点差-1)
13位 秋田(勝ち点25/得失点差-2)
14位 金沢(勝ち点25/得失点差-3)
15位 山口(勝ち点21/得失点差-8)
16位 栃木(勝ち点20/得失点差-5)
17位 松本(勝ち点19/得失点差-18)
18位 北九州(勝ち点18/得失点差-15)
19位 愛媛(勝ち点18/得失点差-16)
20位 群馬(勝ち点17/得失点差-14)
21位 大宮(勝ち点16/得失点差-7)
22位 相模原(勝ち点12/得失点差-18)

■次節の対戦カード
▼7月3日(土)
18:00 水戸 vs 山口
18:00 栃木 vs 町田
18:00 千葉 vs 群馬
18:00 相模原 vs 北九州
18:00 松本 vs 東京V
18:30 京都 vs 長崎
19:00 大宮 vs 山形
19:00 金沢 vs 琉球
19:00 磐田 vs 新潟
19:00 岡山 vs 甲府

▼7月4日(日)
19:00 愛媛 vs 秋田

関連リンク

  • 6/27 22:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます