小池徹平&中尾明慶、紗栄子とともに「ドラゴン桜」最終話サプライズ出演

【モデルプレス=2021/06/27】俳優の阿部寛が主演を務めるTBS系日曜ドラマ「ドラゴン桜」(毎週日曜よる9時~※最終話15分拡大)の最終話が27日、放送され、前作に出演していた小池徹平、紗栄子、中尾明慶がサプライズ出演した。<※記事内ネタバレあり>

◆阿部寛主演「ドラゴン桜」

本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編。

阿部演じる桜木建二がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役の長澤まさみをはじめ、東大合格を目指す“東大専科”の生徒役には高橋海人(※「高」は正式には「はしごだか」)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太などが出演する。

◆小池徹平&紗栄子&中尾明慶の登場に反響

前回、「最強の助っ人登場」と次回予告が流れ、話題に。初回では前作の生徒役の紗栄子がサプライズ出演したことから、”最強助っ人”に前作生徒役キャストを期待する声が殺到していた。

最終回前半には紗栄子演じる小林麻紀とともに、小池演じる緒方英喜、中尾演じる奥野一郎が登場。2次試験本番前日、水野が緊張している生徒たちを心配していると桜木が「安心しろ!それならとっくに手を打ってる」と話し、3人が教室を訪問。緒方は外資系コンサルタント、小林は生徒たちも知っているタレント、奥野は自動車のエンジニアになっており、生徒たちからの相談を受ける様子が描かれた。

終盤には矢島勇介を演じる山下智久が声のみで出演。香坂よしのを演じる新垣結衣も登場し、前作生徒役が勢揃いとなった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/27 21:20
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます