「亡くなった祖母が夢に出てくる…」リスナーの質問に江原啓之の回答は?

拡大画像を見る

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。6月20日(日)の放送では、リスナーから届いた「夢」にまつわるメッセージを紹介しました。


◆祖母が何か言いたかったのでは…
母方の亡くなった祖母が夢に2度出てきて気になっております。亡くなる直前まで、子どもや孫のことを気にかけて一人ひとりに言葉を残し、最後までしっかりした祖母でした。1度目に見た夢は、まだ私が子どもの頃です。親族みんなで歩いてご飯を食べに行く途中、祖母が転んでしまい、みんなで祖母を運ぶ夢です。祖母は話すこともなく、表情なども分かりません。亡くなってから初めての夢だったので、記憶に強く残りました。その後、祖母の息子である私の叔父が急に病気で亡くなりました。祖母が何か言いたかったのかなとも思える夢になりました。

2度目に見た夢は、母に頼まれて、祖母の遺体を病院から家に運ぶ夢でした。怖い印象はなかったのですが、車で遺体を運ぶという行為自体を“少し怖い”と感じていました。泣いてはいませんが、母が悲しみ、疲れている印象があります。車で遺体を運ぶ前に目が覚めてしまいましたが、とても気になる夢でした。

日々の生活が忙しく、お墓参りなどができていないので気になっています。何か意味がある夢なのでしょうか?

◆江原からの“ことば”
夢にはいろんな種類がありますが、これは自分の心を表していますね。“日々の生活が忙しく、お墓参りなどができていない”というところに答えがある。“可愛がってもらったのに冷たいかな”“きちんと供養できていないのかな”“恩返しできていないのかな”という罪の意識を、心のなかで背負っているのではないかな。そのような心が夢に表れているのでは。

でも、あなたはこのメールのなかに答えを出している。日々の生活に忙しくても、おばあちゃんのことを思ってあげれば、おばあちゃんは喜ぶということを。今は新型コロナウイルスの影響でお墓参りに行けない方も多くいらっしゃると思いますが、お墓に行くという行動が100回できても、心がなかったら意味はないですからね。1回のお参りしかできなくても、毎日のように思ってあげたほうが、お墓参りをするよりも、よっぽどいいですよ。

◆江原啓之 今宵の格言
「数日食べなくても大丈夫ですが、眠らないと人生の誤作動が起きます」
「良い睡眠をとる人は、良い人生に恵まれます」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。番組サイトまでお寄せください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年6月28日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連リンク

  • 6/27 21:30
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます