『ミスFLASH 2022』50名お披露目 激戦スタート、来年1月栄冠は誰の頭上に

拡大画像を見る

次世代を担うアイドルを発掘を目的とし2005年にスタート。これまで鈴木ふみ奈や川崎あやなどグラビア界のクイーンを輩出したオーディション『ミスFLASH 2022』がスタート。同オーディションの選考を通過した50名(4名欠席)が都内でお披露目会見を行った。


出席した46人は、新海まき、水野遥香、大沼世実、蒼野りかこ、小日向莉々子、朝陽りさ、姫宮花恋、ゆあ、岬愛莉、一条咲月、朝比奈りる、松田渚、温森あやの、勝田マコ、中島由依子、岡本把奈、ましろ碧乃、日里麻美、町田彩菜、まゆたゆま、山本紗愛、神楽坂茜、桃々さや、青居宝、柏木れに、ルチコ、阿野春菜、雪野、後藤智香、missha、那須華蓮、藤原ひかり、aruna、高地なな、小鳥遊くれあ、佐藤瑞月、姫咲りおな、笹岡郁美、飛鳥、桜井まい、山口穂花、青山泰菜、知世、座る、西島麻衣、七海あやかが参加。


橋本梨菜、森咲智美、犬童美乃梨などが所属する事務所の後輩である七海あやかは「平日は会社員として働いて、土日はグラビア活動をしています。筋トレが大好きで週6くらいジムに通っています、あまりにも好きすぎてトレーナーの資格を取っちゃいました。森咲さんに憧れてグラビアを始めました。もしグランプリになったらグラビア1本で頑張ります。プレステージでは4位になりました。この勢いでグランプリを目指します」と意気込んだ。


すでにグラビア活動をしている小鳥遊くれあは「本選進出ホントにうれしいです。まだ夢への第一歩というところですけど、夢の旅にこれから一生懸命に頑張るので、みんなで楽しく盛り上がっていきたいです」と話した。


今回は多くのアイドルグループからも参加。名古屋のアイドルグループ「#ジューロック」で活動する高地ななは「グループではセクシーホワイトを担当していまして、ミスFLASHでもそういう自分らしさを出していきたいです。いま18歳なんですけど、大人っぽく見られることが多いので、そこを生かしてていろいろ繋げていけたらいいなと思います。応援してくれるファンに恩返ししたいです」と話した。


同じ名古屋のアイドルグループ「OS☆U」の山本紗愛は「グループのメンバーは11人いるんですけど、グループ内で学力テストをやったら最下位で、完全におバカキャラになってしまいました。そんな私ですけど、そのキャラを生かして、雑誌もそうですけど、おバカキャラを生かしてバラエティ番組に出たいです」と明かした。


アイドルグループ「MERRY BAD END」の座る(すわる)は「立っていても寝ていても座るです」と挨拶し、「今年の2月まで小笠原諸島に在住していた小笠原村民でした。夢をかなえるために上京してきました。重機が大好きでとくにクレーンが好きです。いつか重機とコラボして写真集を出したいです」と目を輝かせた。


『ミス東スポ2017』のグランプリで、参加者最年長となる35歳の日里麻美は「35歳で私が最年長なります。なのでチャームポイントは年齢といことにさせていただいています。『ミス東スポ2017』になりましたけど、その当時はあまりグラビアと向き合っていなかったので、今度は真剣に向き合いたいなと思っています。初々しさはないと思うけど、初心を忘れずに頑張りたいです」と抱負を語った。


女子プロレスラーの桜井まいは「ファンの方からはまいぱんと呼ばれているので是非まいぱんって呼んでください。今まではプロレスラーの『ミスFLASH』はいなかったと思うので、グランプリを取って“グラレスラー”になりたいと思います」とアピールした。


今後は予選、セミファイナル、敗者復活、ファイナルステージを経て、グランプリ数名を選出。来年の1月に『ミスFLASH2021』が選ばれる。誰がグランプリの栄冠に輝くのか今から楽しみである。



関連リンク

  • 6/27 20:19
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます