伊藤沙莉、兄・オズワルド伊藤が出席してくれた「授業参観」の思い出を語る

拡大画像を見る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。6月15日(火)の放送は、女優の伊藤沙莉さんがゲストに登場。東京・PARCO劇場で上演中の舞台「首切り王子と愚かな女」(2021年6月15日(火)~2021年7月4日(日))に出演中の伊藤さんが、家族と過ごした幼少期について語ってくれました。


伊藤沙莉さん



◆授業参観に来てくれた兄

坂本:お兄さんが、お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介さん。昨年まで一緒に住んでいたんでしたっけ?

伊藤:はい。 2020年の7月まで一緒に住んでいました。

坂本:今は一人暮らしなんですか?

伊藤:そうですね。

坂本:お2人は仲がいいですよね。小さい頃から仲良しだったんですか?

伊藤:真ん中に姉がいて、どちらかというと私は姉にベッタリって感じでした。うちは父がいなかったので、授業参観の日は、お兄ちゃんが代わりに来てくれたんですよ。みんなで踊るような催しがあったら、お兄ちゃんが私の相手をしてくれましたね。

坂本:へええ!

伊藤:わかりやすい感じで仲がよかったと思います。

坂本:何歳離れているんでしたっけ。

伊藤:5歳です。

坂本:そうかあ。お兄ちゃん子に育ちましたか?

伊藤:そうですね。お兄ちゃんとは音楽とかお笑いとかの趣味が似ていて。そういうのを一緒に鑑賞する時間はすごく多かったですね。

坂本:芸能界デビューは沙莉さんのほうが先?

伊藤:先ですね。

坂本:9歳からドラマに出ていたもんね。すごく才能にあふれる兄妹です。ちなみにお姉様は何をされているんですか?

伊藤:お姉ちゃんは、不動産屋さんにいる空間デザイナーみたいな仕事です。

坂本:全然職種が違いますね。

伊藤:全然違うけど、一番ぶっ飛んでいるし一番楽しそうですね(笑)。

坂本:そうなんだ(笑)。3人揃ったところが見てみたい。

伊藤:めっちゃうるさいですよ(笑)。

坂本:賑やかでいいですね。

◆27年間の人生を綴ったフォトエッセイが発売!

坂本:伊藤さん初のフォトエッセイ「【さり】ではなく【さいり】です。」(KADOKAWA)が、6月10日(木)に発売されました。こちらは連載されていたんですか?

伊藤:いえ、フォトエッセイ用に書き下ろしました。

坂本:どのような内容なのでしょうか?

伊藤:関わってきた人や見てきた景色などを通して、幼少期から現在に至るまでの自分を書かせていただきました。

坂本:昔のことをたくさん振り返られたんですね。伊藤さんは現在27歳でいらっしゃいますけども、一旦立ち止まって振り返るのは大切なことですよね。

伊藤:そうですね。すごく濃厚な時間でした。

坂本:スラスラと書けましたか?

伊藤:スラスラ書ける章と、ちょっと止まっちゃう章がありましたね。お仕事は18年間やらせていただいているので、どこをピックアップすればいいのか悩みました。家族のことも一人ひとり書いているんですけど、“触れてみたら古傷だった”みたいなところがあって。そこをグンと引っ張っていたら、筆が止まってしまうことはありました。

坂本:そうかあ。これからじっくり読ませていただきます。

伊藤:ありがとうございます!

伊藤沙莉さんが出演する舞台「首切り王子と愚かな女」の東京公演は現在上演中です。詳しくは公式サイトもチェックしてください。

来週のゲストは6月28日(月)は持田香織さん、29日(火)MONO NO AWARE・加藤成順さん、30日(水)尾上右近さん、7月1日(木)ドレスコーズ・志磨遼平さんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

関連リンク

  • 6/27 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます