ドンナルンマ、連続無失点記録が途切れるも前向き「チームをまた進化させてくれる」

拡大画像を見る

 イタリア代表のGKジャンルイジ・ドンナルンマがEURO2020についてコメントした。26日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日に行われたEURO2020ラウンド16オーストリア戦に臨んだイタリアは、延長戦の末に2-1で勝利を収めた。同試合にフル出場を果たしたドンナルンマは、試合後の取材に応じた際「簡単な試合にならないことは分かっていたが、チームは全てをタイトに保ち攻め続け、ゴールを決めて均衡を破ったことで気持ちが楽になった」とコメント。

 65分にオーストリアのFWマルコ・アルナウトヴィッチがゴールネットを揺らしながらもVARで得点が取り消されたシーンについては「心配していたけど、VARで無効と言われた時には絶対的な喜びを感じたよ」と語った。

 そしてこの試合でイタリア代表としての連続無失点記録が1168分で途切れることとなったが、ドンナルンマは「確かに最後に失点してしまったのは事実だ。しかし、最終的にはこれが我々にとって、今後の助けになるだろう。クリーンシートが途切れたことで、チームをまた進化させてくれるんだ」とポジティブな姿勢を示した。

 イタリアは次戦、ベルギー対ポルトガルの勝者と対戦する。

関連リンク

  • 6/27 17:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます