ドラゴン桜最終回! 阿部寛&長澤まさみのクランクアップに生徒たちのサプライズ

拡大画像を見る

俳優の阿部寛さん主演のテレビドラマ、日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)。

2018年から連載されていた人気漫画『ドラゴン桜2』が原作の作品です。

阿部寛さん演じる、元暴走族の弁護士・桜木建二が、偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園の再建を目指し、元教え子の弁護士、俳優の長澤まさみさん演じる水野直美とともに、生徒たちを東大に合格させるために奮闘する物語。

2021年6月27日の最終話の放送を前に、阿部寛さんと長澤まさみさんが約4か月におよぶ撮影を終えたクランクアップの様子をお伝えします!

阿部寛さんと長澤まさみさんがクランクアップを迎えた瞬間、生徒役のキャストたちがサプライズで祝福に駆け付けました。

一緒に約4か月間の撮影を無事に終えたことを喜び合ったといいます。

【桜木建二役・阿部寛さんのコメント】

皆さんお疲れ様でした。この役は16年前に演じたのですが、今こうやって再び日曜劇場の枠で非常に高いハードルの中、最後まで演じ切れたのは皆さんのおかげだと思っています。色々とご迷惑をおかけしたと思いますが、福澤監督をはじめスタッフの方々、支えてくださりありがとうございます。

そして、この役を再び演じる勇気をくれたのはここにいる長澤まさみさん演じる水野がいたからだと思っています。ありがとうございました。そして、生徒役のキャストたちも一生懸命頑張ってこれから大きく羽ばたいていってくれると信じています。ほかの共演者の方々もありがとうございました。

皆さん本当にありがとうございました。

【水野直美役・長澤まさみさんのコメント】

今回は東大専科の先生であり弁護士でもあるという役で、今までに演じたことない役柄でした。16年前と同じ人物ではあったのですが、新たな水野直美として現場にいたように感じています。そんな中で水野という人物を無事に演じ切れたのは、阿部さん、生徒役の皆さん、スタッフの皆さんがいて下さったおかげだと思っています。

約4か月間、本当に充実した日々を送らせていただきました。ありがとうございました。良い経験になりました。皆さんお疲れ様でした。

最終話の予告では、桜木が「頼もしい助っ人を用意した。久しぶりだな」という発言とともに『最強の助っ人登場!』とテロップが流れました。

ネット上では「最強の助っ人とは一体誰なのか!?」という予想レースが白熱し、盛り上がっています。

最終話の放送は6月27日21時から15分拡大です!

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 6/27 17:35
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます