8強入りのマンチーニ監督、激戦制した選手を称える「勝利に値するチームだった」

拡大画像を見る

 イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がEURO2020についてコメントした。26日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日にEURO2020ラウンド16でオーストリアと対戦したイタリアは、延長戦にまでもつれ込む激戦を2-1を制し、4大会連続でベスト8入り。また、同試合で31試合連続無敗という記録も樹立した。試合後の取材に応じたマンチーニ監督は以下のように語りチームを称えている。

「率直に言って、我々はもっと早くゴールを決めて延長戦に持ち込むべきではなかったし、時間が経つにつれて疲労が増していった。ただ、勝利を収められた。ベンチ入りした選手たちは正しいメンタリティを保ち、試合を変えるための行動をすぐに実行してくれた」

「準々決勝よりもタフな試合になることは分かっていた。ゲームは悪い方向に進むこともあるが、我々は良いプレーができていたと思うし、勝利に値するチームだったと思う。今回の試合は我々にとって良いテストであり、強いメンタリティを示す必要があったんだ」

 そして、次戦はベルギー対ポルトガルの勝者と対戦することになるが、どちらと対戦したいか希望を問われたマンチーニ監督は「いずれも並外れたチームだから、選ぶのはとても難しいね」とコメントしている。

関連リンク

  • 6/27 17:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます