好きという証拠!いつの間にか表れている【脈アリサイン】って?

拡大画像を見る

人は自分から本当の気持ちを包み隠さず誰かに話そうとしたりしないですよね。相手のことを好きだと思っていても、口に出すことなく、いつも通りのように過ごそうとしているけど、所々で溢れ出ているサインがあります。 好きだという気持ちを抑え込んだ感情が、いつの間にか生活に現れているという方も、多いのではないでしょうか。今回は、いつの間にか表れている脈アリなサインについて、ご紹介していきます。 


遠い所を見ているフリをしている

遠い所を見ているふうにしながら、好きな女性のことを眺めているという方も、多いのではないでしょうか。実は視界に入れるために、遠くを見るようにしているという方も多いでしょう。 お互いにまだ少し距離があったり、様子見の段階だと相手のことを見たいという気持ちが高ぶるので、無意識のうちに視界に入れてしまうようです。気になっている男性が、よく自分のほうに顔を向けていて、遠くを見ていると、脈アリのサインなのかもしれません。  


前のめりになって話を聞いてくれている

 自分と話しているときに、彼が背もたれに背中を預けているか、見たことのある方は少ないですよね。彼が自分のことを好きなのであれば、もっと話したいという気持ちを持っているはずなので、前のめりになって話を聞いてくれるはずです。 相手のことが気になったり、好きという感情を持っているほど、相手の近くに行きたいという考えになるので、彼と会話をしているときに、彼が身を乗り出して話を聞いてくれていると、あなたのことが気になっているという証拠でもあります。 


上着を脱いだり腕まくりをしている

 気になっている男性と、落ち着いて話しをすることができるときに、彼が上着を脱ぎだしたり、腕まくりをしているのであれば、彼があなたともっと長い時間話したいと考えている証拠でもあります。  会話に夢中になってしまっているということなのではないでしょうか。好きな相手と話すときは、どうしても気合が入りますよね。脈アリなのであれば、会話に集中できるような姿勢をしたがるはずです。 


用事があるわけではないのにメッセージを送ってくる

 好きな人とは、何かしらの接点を持ちたいと考えている方も多いのではないでしょうか。用事が無かったとしても、メッセージを送ってしまいます。 会話が途切れてしまったとしても、他の話題を持ってきて、メッセージのやり取りが続いていくでしょう。 


まとめ

面と向かって相手に告白することが、少なくなっているからこそ、言動や行動で、相手の考えていることを、理解したいですよね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/27 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます