埼玉知事 夜の五輪サッカー日本戦「無観客を考えたい」 20時開始変更なければ

拡大画像を見る

 埼玉県の大野元裕知事が27日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演。東京五輪の午後9時以降の無観客開催を組織委に要望しており、サッカー日本代表戦も「無観客を考えたい」と述べた。

 大野知事は午後8時開始の五輪サッカー日本×メキシコ(7月25日、埼玉スタジアム)のほか「サッカーだけでなくバスケットも夜9時から始まる」と指摘した。

 「今の段階では国との協議では、飲食店やイベントに一定制限をかけるわけですから、そこは合わせる。夜9時までに終わらせていただくか、夜9時以降に始まるものについては少なくとも無観客にしていただかないと」と求めた。

 ラグビーW杯の際の盛り上がりなどをふまえれば、試合後に朝まで路上で酒を飲んで騒ぐケースも懸念されるとし、「感染症は貴重な機会だろうが分けて考えてくれないので、そこについては夜9時以降は無観客、もしくは無観客と同等の効果が出るような措置を講じなければいけないというのが我々のお願いです」とした。

 サッカーについても無観客と同等措置が可能なら受け入れるとしたが、「日本戦、時間繰り上げていただくというのもひとつかもしれませんし、あるいは9時以降は、帰りの電車も含めて考えると、非常に厳しい状況になる。そこはもう無観客を我々は考えたいと思います」とした。

関連リンク

  • 6/27 14:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます