SKE48野島樺乃が卒業公演、歌姫の夢は新ヴォーカルグループへ繋がる

拡大画像を見る

SKE48のメンバー野島樺乃が26日、SKE48劇場で劇場公演最後となる卒業公演を開催した。


野島は、2015年に7期生としてSKE48に加入し、同年にチームSに昇格。2019年に開催された『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』で優勝後、SKE48 25thシングル『FRUSTRATION』で初めて選抜メンバーに選ばれ、以降グループの中心メンバーとして活動してきた。


チームS「重ねた足跡」公演は『Gonna Jump』でスタート。公演ごとに毎回センターが変わるこの曲は、もちろん野島がセンターを務める。『手をつなぎながら』、『Innocence』、『強がり時計』と続けてパフォーマンス後の自己紹介では、“最後のキャッチフレーズ”として野島お馴染みの「テンションMAX」ポーズを決めた。最前列の客席に掲げられた「かのちゃん大好き 卒業おめでとう ずっと一緒だよ!!」というメッセージを目にした野島は、「感動して1曲目から涙が出ないよう目を細めて踊っていました」と告白。仲良しの同期 杉山愛佳からは、約6年前の昇格発表の時の野島の対応をずっと根にもっていたと暴露されて苦笑する場面もあり、和やかに公演は進んでいく。


ダンス曲メドレーで6曲を続けてパフォーマンスすると、「何回やっても何年経ってもキツさは変わらなくて最高!」と満足気な笑顔を見せた野島。後輩の9期生 荒野姫楓からのお願いで、『花占い』のワンフレーズをアカペラで披露したり、8期生 北川愛乃からは「もうあまりする機会もなくなると思うので」と萌えゼリフをリクエストされ、キュートな姿を見せると、客席からは大きな拍手が送られた。

 

『オキドキ』、『パレオはエメラルド』、『不器用太陽』とSKE48の代表曲で本編を終えると、アンコールでは事前に録音されたファンの皆様からの「樺乃ちゃん」コールと大きな拍手が会場中に響きわたる。


公演曲『僕は知っている』の後、Wアンコールでは純白の衣装の『微笑みのポジティブシンキング』で登場。普段あまり泣かないという、ほぼ同期のドラフト2期生 上村亜柚香や、8期生 石黒友月の目にも涙が光る。『AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』の優勝でもらった大切なソロ曲『夢の在処へ』を野島が卒業ドレスで披露すると、いよいよ卒業セレモニーに。母親からの手紙に続けて、自身の手紙をチームSリーダーで野島と仲の良かった松本慈子が朗読した。


最後の挨拶で野島は、涙ぐみながらこれまでのことを振り返り、ファンの皆様やスタッフ、関係者の皆様、家族への感謝の気持ちを伝えました。そして、「本当に最後に、大好きなチームSのみんなと1曲歌わせてください」と、自身が研究生の時の公演曲で思い出深い卒業ソング『桜の花びらたち』で最後の劇場公演を締めくくった。


野島は「約6年間、私は皆さんに恩返しできていましたか?一緒に夢を見続けることを諦めないでいてくれて本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします」とステージを後にした。


<野島樺乃 コメント(概要)>

SKE48に入って約6年間、今の野島樺乃を見ると、「歌唱力の子だよね」とありがたいことに言ってくださる方が多いのかなと思います。じゃあ、歌唱力の前はなにをしてた子なんだろうと振り返ってみると、入った当初は無駄なプライドとかもっていたり、生意気にも「選抜に入りたい」と言っていて、その夢を早く叶えたいという焦りから、自分らしさを失ってファンの方々とうまくコミュニケーションがとれていなかったなと今では思います。でもファンの方々はすごく優しくて、そんな時もいつも一緒にいてくれて、「樺乃ちゃんならできるよ」と言ってくださいました。私以上に喜んでくれたり、悲しんでくれたりするファンの方に出会えたことは、SKE48に入って一番の宝物だと思っています。本当にみつけてくれてありがとうございます。

7月から違うグループでアーティストとしてデビューするんですけど、楽しみだし期待と夢でワクワクしているのもあるけど、正直チームSのみんなに会えなくなるのが悲しくて。友達だから寂しいとかじゃなくて、自分の弱いところを見せても支えてきてくれた仲間なので、振り返ってみるとその仲間に頼ってきた部分がたくさんあります。その仲間が心にはいるけど近くに感じられないのはすごく寂しいなと思っています。

そして、感謝したいなと思うことがあって、マネージャーさんやお仕事の関係者の方、衣装さん、メイクさん、劇場のスタッフさん、いつも私のことを輝かせてくださって、本当にありがとうございます。今日ここに来られてないんですが、この場をお借りして家族に対して(も感謝したいと思います)。私がSKE48に入ることは、心配されていて。でも私がSKE48の活動を通して目に見える結果を出してきて、今ではみんなが応援してくれています。ずっとずっと家族は私を一番心配してくれる人たちであり、理解者でもあります。約6年間のSKE48生活を家族に支えられました。みんなありがとうございます。

7月からはゼスト所属の「&(アンド)」というヴォーカルグループでデビューさせていただきます。SKE48で6年間培ってきたがむしゃらさと熱さは、&に引き継いでいきたいなと私は思っています。SKE48を卒業して&に行くという道を選んだので、成功してビッグにならないとと思っています。私が背中で「どんどん夢は叶えられるよ」と示せる人になりたいので、大きくなって名古屋に帰ってこられるよう一生懸命頑張ります。なので皆さん、ずっとずっと末永く応援してくださると嬉しいです。いつも大好きって言ってくれてありがとう。樺乃も大好きです。本当にありがとうございます。



SKE48 チームS「重ねた足跡」公演 野島樺乃劇場最終公演

2021年6月26日(土) 開演時間:17:00

会場:SKE48劇場

出演

荒野姫楓・石黒友月・井上瑠夏・上村亜柚香・北川愛乃・坂本真凛・杉山愛佳・都築里佳・仲村和泉・野島樺乃・松本慈子・山内鈴蘭

<Set List>

overture(SKE48 ver.)

M1:Gonna Jump

M2:手をつなぎながら

M3:Innocence

M4:強がり時計

M5:ダンス曲メドレー

Escape, Darkness, GALAXY of DREAMS, DIRTY, 世界が泣いてるなら, チキンLINE

M6:オキドキ

M7:パレオはエメラルド

M8:不器用太陽

EN1:放課後レース

EN2:チームS推し

EN3:僕は知っている

WEN1:微笑みのポジティブシンキング

WEN2:夢の在処へ

WEN3:桜の花びらたち


©2021 Zest, inc.

関連リンク

  • 6/27 14:20
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます