渋沢栄一と土方歳三は「友達」だったのか? 栄一と新選組の関係性を「大沢源次郎捕縛事件」の“伝えられ方の違い”から見る

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

 「大河ドラマ」の主人公に選ばれると、新資料が発掘されたり、過去にはあまり注目されてこなかった資料が日の目を見る機会がなぜか増えるものですね。本年度の大河『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一が、新選組の土方歳三は「友達」だと発言していたという話を、読者はご存知だったでしょうか。今回はこの情報について検証してみたいと思います。

 渋沢の「土方は友人発言」は、渋沢の四男・渋沢秀雄が著した『渋沢栄一』という本の中にたしかに登場しています。秀雄は栄一が52歳の時の子で、晩年の栄一は彼に本を読んでもらうことを楽しみにしていたそうです。ある日のこと、秀雄が「時代物」の本を読んでいた時、新選組・土方歳三の名前が出てくると、栄一は思わぬ反応を示しました。「もう一度、そこを読んで」などとリクエストしたというのです。そして、「土方歳三は、私の友達だ」と語ったのでした。

 秀雄にしてみれば、歴史上の有名人物・土方歳三と自分の父・栄一との意外な接点が明らかになったわけで、さまざまな聞き取りが行われたようです。しかし、それ以前にも渋沢は土方について何度か語ったことがあり、そこで「友人だ」という証言は一度もありませんでした。また、渋沢の語る土方歳三とのエピソードの細部は、語られるたびに随分と異なっていたこともわかっているのです。

 渋沢と土方が最初に出会ったのは、おそらく慶応2年(1866年)11月のことでした。「おそらく」というのも、渋沢本人が「慶応2年4月14日」と当初は発言したものの、訂正されているからです(渋沢談話の口述筆記のひとつ『青淵回顧録』)。孫の市河晴子によると、渋沢の話はいつもアウトラインをなぞってしゃべるだけで、細部には触れないのだそうです。ゆえに、自伝の口述筆記者が補足のつもりで訂正した時期のほうが間違いであった可能性もありますが。

 この時、渋沢には、あるミッションが下っていました。見廻組の元・隊士である大沢源次郎という人物を、武器弾薬を大量にたくわえ、協力者も集め、薩摩藩に内通し、幕府に対する謀反を企てているとの疑いで逮捕するというお役目が渋沢には言いつけられていたのです。

 この時の渋沢の身分は、徳川慶喜が将軍職に就いたことで、一橋家の家臣から幕臣に切り替わっていました。そして「陸軍奉行支配調役」なるお役目を任せられていました。字面は立派ですが、陸軍奉行所の中では下役に過ぎず、大沢源次郎の捕縛についても、渋沢本人によると“貧乏籤(びんぼうくじ)”が回ってきたようなものだったそうです。

 この時、警護役として新選組が付くことになったのですが……。この一件について渋沢が語った中ではもっとも古い『雨夜譚』(明治20年=1887年)の「巻之三」では、渋沢に同行したのは土方ではなく、近藤勇と「新撰組の壮士六七人」ということになっています。

 また、大沢逮捕については、近藤勇から「大沢は危険人物だから、新選組で最初に身柄を確保したほうがいい。安全が確認できた後、謀反の容疑が本当かを、大沢本人に渋沢さんが詮議しては?」という提案があったといいます(要約)。しかし渋沢はこれを断り、あくまで捕縛は大沢が罪を認めた後にやるべきと主張したそうです。

 結果的に、深夜の訪問だったことですでに寝ていた大沢はテンションが低く、謀反の罪をあっさり認めてお縄になったのでした。その後、新選組の面々は取り調べのために大沢宅に入っていき、渋沢は午前3時過ぎだったにもかかわらず、陸軍奉行所の上司宅へ向かい、寝ずに待っていた上司に報告をしたそうです。

 しかし、昭和2年(1927年)に刊行された『青淵回顧録』によると、近藤勇とは町奉行所において大沢捕縛の件の打ち合わせをしたが、当日は近藤自身に外せない用事があるので、土方歳三と部下を渋沢に同行させることになったと、背景・登場人物が変化しています。この逸話では、先行する『雨夜譚』で近藤勇が語っていた内容が土方の発言に置き換えられてもいます。理由はよくわかりませんが、渋沢と土方に突然の接点が生まれ、二人が当日交わした会話が『雨夜譚』よりも詳細に『青淵~』には記録されることになりました。

 さらに、栄一の孫にあたる女性が聞き書きした「市河晴子筆記」(『渋沢栄一伝記資料』内)にも、この晩の逸話が登場します(成立時期の詳細は不明)。市河晴子いわく、「言葉を出来るだけその当時の通りにしておきたいと思つて書いた、それで祖父様もわりに念を入れて、言葉をなほして下さつた」そうです。

 この資料によると、大沢逮捕の当日に、土方が渋沢に、次のように切り出したそうですよ。

「今日貴殿(=渋沢)が大沢源治郎を糺弾に向はるゝにつき、御警護を陸軍奉行より命ぜられましたにつき、彼は中々の腕利、かつ種々戒心あるよしも耳にいたしました故、腕に覚えの有る者をすぐつて同道いたしてまゐつた故、はゞかりながら御安心下されたい、只今しのびの者を彼の宿所大徳寺へつかはしてござれば、そのたちもどるまでに捕縛の手筈を御打ち合せ申さうでござらんか」

 意訳・要約すると、「われわれはスパイを、大沢の下宿がある大徳寺に向かわせました。大沢は危険人物なので、念を入れなくていけない。その者が帰るまでに、渋沢さん、今日の手はずの打ち合わせをしましょう」。

 丁寧な言い方ですが、“幕府の一役人にすぎない渋沢が直接対峙するには、大沢は危険すぎる。新選組の言う通りにあなたは動いてはいかがか?”というメッセージが行間から読み取れる言葉です。しかし、渋沢はこう答えました。

「手筈と申す程の事は無用でござらう、拙者が出むいて御奉行の命を伝達いたすまでのこと、成程大沢方では多数の壮士を養うと云う聞き込みもござれば、万一それ等が拙者を遮る様のことでもござつたら、その者どもの始末、御手数ながらよろしく御頼み申します」

 意訳・要約すると「あくまで私が役目を仰せつかっているのだから、自分が大沢に聞き取りをし、罪を認めるのであれば逮捕もします。もし乱闘になったら、そのときは新選組の方、よろしくお願いいたします」くらいでしょうか。渋沢、あくまで強気です。

 土方の提案をハネつけた渋沢に対し、怒りをあらわにする新選組の隊士もいましたが、土方が彼らをなだめました。また、『雨夜譚』にもあったとおり、大沢がすんなりお縄を頂戴してくれたので、戦闘も避けられました。

 さらにここから先、つまり渋沢と土方の交流について語っているのが、渋沢秀雄の『渋沢栄一』という資料です。

 これによれば、土方歳三は、大沢逮捕時の渋沢の“口上”がよかったと褒めたそうです。そして、「キミはもともと武家の出かとたずねた。そこで、いや、百姓だと答えたところが、彼はひどく感心してね。とかく理論の立つ人は勇気がなく、勇気のある人は理論を無視する。キミは両方いける(渋沢秀雄『渋沢栄一』)」と言ったそうです。

 「キミ」と「僕」というのは当時ではかなり親しい関係を意味します。しかし市河晴子の記録によると、逮捕劇の前までは相手のことを「貴殿」、自分を「拙者」と、最大級の丁寧語で喋っていたことになっており、急に親しくなった印象です。ただ、土方と渋沢の会話の日時は書いていないので、土方に「キミ」と呼ばれたのは、事件当日ではなく、後日、再会したときに……という推論もできます。

 「武家の出」かどうかを土方が渋沢に聞いたのは、農民出身者である土方が、武家出身者の教養が高いことを実感していたからだと思われます。それゆえ、立派な言葉遣いで話せる渋沢の出自に興味を持ったのでしょうね。渋沢が自分と同じ百姓の生まれであると知った時、土方は渋沢に強く共感し、親しくなった可能性はあります。

渋沢と土方の友情は、京都の色街で育まれた?

 ただ、残念ながら、データベース化された渋沢の自伝の類を見る限り、土方の登場はこの大沢源次郎の捕縛の一件以外にありません。さらに栄一の子や孫も、土方との具体的な交友エピソードを引き出し得なかった事実から推測すると、「キミ」と「僕」と言い合える仲=友達、という程度の関係にすぎなかったのかもしれません。

 それでも、土方に限らず、新選組上層部が渋沢に一目を置いていた可能性は高いと筆者は見ています。なぜなら、時期や詳細は不明ながら、渋沢は新選組の隊士の誰かの恋人がらみの騒動に巻き込まれ(恐らく、渋沢が女性に手を出したという話)、彼の自宅に新選組が押しかけてきたのですが、話し合いだけで隊士たちはすんなり帰ったそうなのですね。

 ここから推測するに、土方と渋沢の友人関係は、おもに京都の色街で育まれたものではなかったか?と筆者は疑ってしまいます。新選組の隊士があっさり渋沢から手を引いたのも、「友達」である土方がウラから手助けしてくれたからでは?などと考えると、そういう交流の逸話を渋沢は絶対に語りたくないだろうし、とりわけ子や孫には詳しくは話さないでしょう。

 ちなみにこの新選組による自宅襲撃事件も、渋沢秀雄の『渋沢栄一』に、どんなことがあったか具体的には「一切不明だが」という“但し書き付き”で登場しており、土方との間柄が謎めいていることと何らかの関係はあるだろうと思われます。回想録に記されなかった事実にこそ、もっと面白い話があるのだろうな、と思ってしまいますね。

<過去記事はコチラ>

  • 6/27 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます