【愛ダービー】ビュイック騎乗ハリケーンレーンがV、ゴドルフィン所有馬が英ダービーに続き戴冠/海外競馬レース結果

 現地時間26日、アイルランドのカラ競馬場でG1・愛ダービー(3歳・芝2400m・11頭立て)が行われた。

 道中は中団でレースを進めた2番人気ハリケーンレーン(Hurricane Lane、牡3、W.ビュイック騎手)が、直線で外から脚を伸ばす。

 直線に向いたところで先頭に立った3番人気ローンイーグル(牡3、L.デットーリ騎手)が1頭抜け出していたが、その差を一完歩ごとに詰めゴール前で差し切り、クビ差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分33秒85(良)。

 5頭出しのA.オブライエン厩舎は、6番人気ワーズワース(牡3、S.ヘファナン騎手)の3着が最先着で、2着馬との着差は7馬身。1番人気ハイディフィニション(牡3、R.ムーア騎手)は見せ場なく10着に敗れた。

 ハリケーンレーンは父Frankel、母Gale Force、母の父Shiroccoという血統。イギリスのC.アップルビー厩舎の管理馬。デビューから3連勝で今年のダンテS(英G2)を制覇。前走ダービー(英G1)の3着が初の敗戦だった。

 そのダービーを制したアダイヤーに続き、“ゴドルフィン所有、C.アップルビー厩舎のFrankel産駒”が、英愛でのダービー戴冠を果たした。

関連リンク

  • 6/27 11:06
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます