藤田ニコル 「ワクチンが卵巣にたまると聞いて怖い」、専門家の回答にホッ

拡大画像を見る

 モデルでタレントの藤田ニコル(23)が27日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、新型コロナウイルスワクチンに関する「怖いうわさ」を専門家に尋ねた。

 番組ではワクチンに関する「デマ」について話し合った。ニコルは「聞いたのはワクチンが卵巣にたまる。ちょっと怖くなりませんか?(将来)子供を産みたいなと思ったら怖いなと思いました。うそなのかも分からないですけど」と不安を明かした。

 ゲスト出演した医学博士の奥仲哲弥氏は「医学ですからエビデンスがないものはすべて個人の感想です。そこを識別しなければいけない」とし、ニコルが抱える不安について、「まったくもって…メッセンジャーRNAワクチンは半日から数日くらいでなくなる。壊れちゃう。だから(低温で)保管している。まったく科学的にありえないことです」と回答。

 ニコルは「良かった」と安心したようにほほ笑んだ。

関連リンク

  • 6/27 11:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます