専門家が指摘 変異株広がりの原因も「濃厚接触者と判定せず国内に入れたことの可能性」

拡大画像を見る

 TBS系「サンデーモーニング」が27日、東京五輪の事前合宿のため来日したウガンダ選手団の中から成田空港で新型コロナ感染者が出たにもかかわらず濃厚接触者を特定しないまま大阪・泉佐野市へ移動させ、さらなる感染者や移動に同行した職員らにも濃厚接触者が出た問題を取り上げた。国際医療福祉大学感染症学講座主任教授・松本哲哉氏は、こうした事例はこれまでにもあり、変異株が広がった原因となったのではないかと推測した。

 松本氏は東京五輪・パラリンピックの選手や関係者に適用するバブル方式について「基本的に限られた集団を、そのままほかとの接触を断ちながら管理された中で移動していただくということなので、そういう考え方自体は合ってるんだと思うが、実際今回のようなウガンダのような事例が起こると危ういことになると証明された」と解説。

 「ウガンダの事例があったからこそ、一緒にいた人たちが濃厚接触に当たるんじゃないかとしてきちんと管理してみたら、そういうふうなことがあったと。ということをみると、おそらく国内でいろんな変異株が広がってきてる原因というのは、今までのような事例があったとしても濃厚接触者として判定せず、そのまま成田で陰性だからそのまま国内に入れてしまったというようなことがすり抜けの原因になってきた可能性は十分にある」と、さらなる問題も指摘した。

関連リンク

  • 6/27 10:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます