もう探し物で困らない? スマホと連携して音で知らせる「Smart Tag ST02」の実力

拡大画像を見る

 【ちょっと便利な“プチプラアウトドアグッズ”・18】 自宅の鍵やスマートフォン(スマホ)など、「いざ手にしようとしたら見当たらない」という経験はないだろうか。慌ただしいときに限ってそんな事態が発生し、探すのに手間取った結果、予定に遅れてしまうなんてこともあるといえる。そんなとき、海外メーカーのSwiftFinder製「Smart Tag ST02」は、まさに探したいアイテムがすぐ見つかる商品だ。

 Smart Tag ST02は、手のひらにすっぽり収まるコンパクトな設計。アイテムを使用するためには、最初の準備として「Zen Lyfe」または「SwiftFinder」アプリをダウンロードする必要がある。
 といっても手順は簡単で、アプリをダウンロードしたらスマホのBluetoothがオンになっていることを確認。スマートタグのボタンを押せばスマホが認識し、画面に表示される案内に従って操作していくと設定は完了した。
 それでは、実際に使用してみよう。例えば、スマホが見つからない場合、スマートタグのボタンを長押し。すると、どこからともなくスマホが鳴り、離れた場所からでも発見できた。ちなみに、サイレントモードでも音が鳴ったので安心して探し出せるのではないだろうか。
 また、鍵や財布など、失くすと困るものにスマートタグを取りつけるのも一つの活用法。その場合、アプリを開いて登録したスマートタグを選択し、画面に表示される“リング”ボタンをタップするだけ。スマートタグからメロディーが鳴り響き、もう1度ボタンをタップすると音は鳴り止んだ。
 他にも、コミュニティ検索や分離アラートなど、充実した機能を持つ。「よく探し物をする」という人は、ぜひ活用してほしい。(フリーライター・藤崎恭弥)
※記事中の価格、情報はライター購入時のAmazon実売価格・情報です。
■Profile
藤崎恭弥
30代男性。妻と息子の3人家族。仕事はウェブの広告系で、会社で副業が解禁されたことでフリーライターの道に。最近、アウトドアに目覚めて“プチプラアウトドアグッズ”の開拓にいそしんでいる。

関連リンク

  • 6/27 10:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます