山寺宏一3度目の結婚に歴代おはガールたちが無反応の理由

拡大画像を見る

 6月14日、31歳年下(現在は32歳差)のタレントでアイドルグループ・チャオ ベッラ チンクエッティの元メンバー・岡田ロビン翔子との結婚を発表した人気声優の山寺宏一。還暦を目前にして超年下の元アイドルと3度目の結婚を果たした山寺には、祝福の声が殺到する一方で様々な疑問・批判の声が噴出している。

「ネットでは2度目の年の差婚に疑問の声も多数上がっていますが、山寺の最初の年の差婚の相手だった、2番目の奥さんだった声優の田中理恵のツイッターでの反応が様々な憶測を呼んでしまっています。田中のYouTubeチャンネルを担当している女性が、山寺の結婚報道直後に『うわ…やっぱりね…最低…』とツイートし、田中が“いいね”を付けているのです。何に対して最低と発言したのかは明記されていませんが、タイミング的には山寺の再々婚のことではと推測されます」(ネット系ライター)

 山寺と田中は2012年6月17日、山寺の51歳の誕生日に結婚を発表しているが、当時田中は33歳。18歳の年の差婚が話題になったが、2人は18年8月に離婚を報告した。

「3度目の結婚ではさらに年の差が開いてますからね。田中さんの複雑な心中を考えると複雑です」(前出・ネット系ライター)

 そんな中、山寺が長年出演していた「おはスタ」(テレビ東京系)の歴代出演者には、山寺の3度目の結婚を冷ややかな目で捉えている人も少なくないようだ。

 6月22日発売の「週刊女性」によると、「おはガール」出身のタレントたちは、山寺の結婚に対する祝福ツイートをほとんどしていないのだという。

「山寺は97年10月の『おはスタ』開始から16年4月1日まで、18年半にわたって初代MCとして番組を盛り上げました。番組には『おはガール』と呼ばれる女子中高生を中心としたタレントがアシスタントを務めていますが、2000年代に『おはガール』を務めていた、例えばベッキーは37歳、蒼井優は35歳と岡田より年上。小島藤子は27歳、松岡茉優は26歳と岡田とほぼ同世代。彼女たちにとって山寺は年上で頼れるお父さんのような存在だったのでしょう。そんな山寺が自分と年下、あるいは同世代の岡田と結婚ということに複雑な気分を抱いたとしても不思議ではありません。記事では、山寺が共演した年下女性タレントを異性として見ていたのではと、『おはガール』たちが引いているのかもしれないと語っていますが、ただの憶測では片付けられない生々しさも感じてモヤモヤしてしまいますね」(テレビ誌ライター)

 2人の結婚生活の行方が気になるところだ。

(石見剣)

関連リンク

  • 6/27 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます