キンプリ岸優太『ナイト・ドクター』違和感だらけ“年上タメ口”は脚本ミス?

拡大画像を見る

 波瑠(30)主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第1話が6月21日に放送され、平均世帯視聴率が13.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と好スタートを切ったことがわかった。

 このドラマは、病院スタッフの働き方改革を目指し、夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”結成のために集められた、年齢も性格も価値観もまったく異なる医師たちの青春群像が描かれる。

 第1話では、ナイト・ドクターのスタート初日、スタッフステーションには朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭/36)、深澤新(岸優太/25)、桜庭瞬(北村匠海/23)、高岡幸保(岡崎紗絵/25)という5人の医師が集まった。

 美月を見た深澤は驚きの表情を浮かべる。数日前、街で倒れたホームレスの診療に手間取った深澤に代わって、鮮やかに処置したのが美月で、彼女は深澤に「処置できないなら医者を名乗るな」と言い放っていたのだ。

 5人の指導医である本郷亨(沢村一樹/53)は、自分の指導について来られる者だけついてこいと厳しい。そこに、工事現場の崩落事故で3名の重症者が運び込まれ、救命の現場を知らない深澤と桜庭はとまどうばかりで……という展開。

 今回は岸が演じる深澤目線でストーリーが進行したこともあり、同局系ドラマ初出演で初の医師役の岸が存在感を発揮。特に涙の演技が好評だった。その一方で、多くの視聴者が脚本について、違和感を覚えたようだ。

■ミスは考えられないベテランスタッフ陣

 それは、5人の会話がタメ口だったこと。ツイッター上では「若手医師3人が波瑠や田中圭にすっごいタメ口の脚本が解せない。年齢やキャリアが違ったらそこは先輩だし、敬語じゃない?」など、否定的な声が多く寄せられていた。

 ドラマ公式サイトによると、波瑠は医師6年目の29歳、田中圭は11年目の35歳という先輩格で、岸は4年目の27歳で、北村と岡崎は3年目の26歳という設定。視聴者の指摘通り、タメ口や名前を呼び捨てにする関係とは思えない。

 だが、脚本の大北はるかは、窪田正孝(32)主演の『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』や、山崎賢人(26)主演の『グッド・ドクター』を手掛けており、演出は『ラジエーションハウス』の関野宗紀と、上野樹里(35)主演の『監察医 朝顔』の澤田鎌作が務めている。

 さらに、プロデュースは山下智久(36)主演の『コード・ブルー特別編-もう一つの戦場-』(すべて同局系)を手掛けた野田悠介。いずれも人気医療ドラマを経験したスタッフであるため、実際の医療現場を把握していないとは思えない。そうなると、今回のタメ口は設定ミスではなく、それぞれの人間関係をあらわす演出のひとつであるようだ。

 このドラマは5人の医師がチームとして成長していくストーリー。また、公私に問題を抱えている人物もいるようで、それらを解決していくためにも、医師同士というだけではない、踏み込んだ関係が必要になってくるのだろう。それがためのタメ口であると考えられるのだ。

 とはいえ、初回からのタメ口というのは、少し早すぎたのかもしれない。深夜の重症患者や外来患者との奮闘で5人の信頼が深まっていき、視聴者がタメ口に違和感を覚えないようになれば、ドラマとしては成功なのかもしれない。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 6/27 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます